少年王者舘「シアンガーデン」@下北沢ザ・スズナリ

作:虎馬鯨
演出:天野天街
出演

夕沈
小林夢二

岩本苑子
井村昂
篠田ヱイジ[名古屋公演のみ]
山本亜手子[名古屋・東京公演のみ]
水柊[兵庫公演のみ]
中村榮美子[東京公演のみ]
がんば(きのこともぐら)[兵庫公演のみ]

スタッフ

脚本:虎馬鯨
演出:天野天街
舞台美術: 田岡一遠
美術製作: 小森祐美加
映像: 浜嶋将裕
照明: 小木曽千倉
音響: 岩野直人[ステージオフィス]
舞台監督: 岡田 保[演劇組織KIMYO]
振付: 夕沈/池田遼
音楽: 珠水/ FUMICO
チラシ: アマノテンガイ
写真: 羽鳥直志
撮影: 山崎のりあき/田中博之
制作: 宮璃アリ/水柊/藤田晶久/篠田ヱイジ

協力:うにたもみいち/小島祐未子/望月勝美/金子達郎
サカイユウゴ/うえだしおみ/相内友美/近藤樺楊/山本かおり(賄い方)
杉浦胎兒/中村榮美子/サカエミホ
雪港/☆之/水元汽色/カシワナオミ
街乃珠衣

共催:伊丹市立演劇ホール(兵庫公演)
主催:少年王者舘

少年王者舘「シアンガーデン」@下北沢ザ・スズナリ観劇。今回は作が天野ではなく、虎馬鯨ということでやや純度は落ちるかもしれない。セリフのいわゆる「天野語」と呼ばれている独特の言い回しや詩的な表現、掛け言葉ような言葉遊び天野ならではの煌めきを感じさせるような風味は薄かったかもしれない。ただ、幾重にも重なった「夢の中の夢」の入れ子的多重構造やアパートの3つの部屋が融通無碍につながって作られた不条理かつ不可思議な世界はやはり濃厚な天野天街ワールドで、そこは充分に堪能することができた。
2010年2月に上演された「夢+夜」のレビューで*1、その10年前の2000年に「下北沢通信雑記的日記帳」に書かれた「自由ノ人形」の感想を引用した。その部分には以下のようにあった。

 「大阪日記」の2000年9月にある「日記風雑記帳」にある少年王者舘「自由ノ人形」の感想の再録であるがここで注目してほしいのは「天野天街の芝居はほとんどの場合、死者の目から過去を回想し、死んでしまったことでこの世では実現しなかった未来を幻視するという構造となっている」という部分で、ここでは死者の視点からの実現しなかった未来の幻視となっているが、実はこの未来というのは「過去」「現在」「未来」が混然一体となった無時間的なアマルガム(混合物)ともみなすことができる。つまり、村上春樹の「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」に擬えるならばここで天野が描き出すのは「世界の終り」であり、そこには時間がないゆえにそこでの時間は伸縮自在でもあって、ループのように繰り返されながららせん状にずれていく平行世界のような存在でもある。そして、「幻視」される世界のなかで不可視なのはその中心にある「死」であり、天野ワールドではそれは明示させることはほとんどないが、まるで空気のように「死」に対する隠喩がその作品世界全体を覆いつくしている。

 この「シアンガーデン」は天野脚本ではないために少しその設定があいまいなところもあるが、それでも基本的な構造は同じである。ここに出てくる3つの部屋は「死者の世界」であり、ロボットは実現しなかった死者の夢の象徴のようなものかもしれない。また、この世界では死=眠りでもあり、死は眠りであるからこそ、そこは自分が望んだことが自由に実現する世界でもある。だから、夕沈演じる少女の部屋には実際にはいなかったお姉さんが一緒に住むために帰ってくるし、隣りの部屋には父親と兄妹が住んでいて、兄妹とかくれんぼや鬼ごっこで遊ぶこともできた。  

 

FUKAIPRODUCE羽衣「瞬間光年」@こまばアゴラ劇場

プロデュース:深井順子 作・演出・音楽:糸井幸之介

出演

深井順子 日郄啓介 キムユス 岡本陽介 浅川千絵(以上、FUKAIPRODUCE 羽衣)
幸田尚子 石川朝日 飯田一期

この劇団を推してる人は大勢いるから、私がどうこう言うことではないのだけれど、どうもこの劇団とは相性がよくないのではないかと思った。笑わせることだけが主目的の芝居ではないので本質的なことではないのだけれどまず第一に客席の何人かが大笑いしているところで全然笑えない。どこがおかしいのかまったく分からない。そういうことが続くと寒々とした気分になってきてしまうのだ。そんななかで美人なのにやってることがメチャクチャで何もかも台無しな幸田尚子だけは本当におかしいのだが、どう考えても、これは彼女の個人技じゃないかと思ってしまった。
全体の構造からすれば最後のところが主題的に見せたいところで、宇宙の死(ブラックホール的なものに全てのみ込まれていく)と再生(ビッグバン)のようなもので、それまでに繰り返される7つのエピソードはいずれも生と死を象徴しているというようなイメージだろうか。ただ、この前半部分にループ構造が多用されているせいで、私にはそれが延々と長いものに感じられて生理的に耐え難いものがあったのも確かなのだ。
構造的には少年王者舘に近いのかもしれない。ただ、私にとっては陶酔させて異世界に連れさってしまうような魔力が王者舘にはあるのだが、ここにはないのだった。

ハイバイ「ハイバイ、もよおす」@KAAT

【作・演出】
岩井秀人

【出演】
岩井秀人 上田遥 川面千晶 永井若葉 平原テツ 黒田大輔 田村健太郎 伊東沙保 岩瀬 亮 後藤剛範 池田 亮 藤谷理子 遊屋慎太郎 梅里アーツ

【スタッフ】
舞台監督:谷澤拓巳
舞台美術:秋山光洋
照明:松本大
音響:中村嘉宏
映像:ムーチョ村松
衣裳:郄木阿友子
演出部:渡邉亜沙子
宣伝写真:平岩享
宣伝美術:土谷朋子(citron works)
タイトル:久世英之
WEBデザイン:斎藤 拓
票券・制作:冨永直子(quinada)
制作:藤木やよい(quinada)
プロデューサー:三好佐智子(quinada)

提携:KAAT神奈川芸術劇場
主催:有限会社quinada ハイバイ
助成:文化庁文化芸術振興費補助金舞台芸術創造活動活性化事業)
協力:
至福団、松本デザイン室 スターダス・21 krei.inc ダックスープ
吉住モータース ギフト Tom Company 株式会社オポス ゆうめい
BE NATURAL 丸福ボンバーズ ケイエムシネマ企画 シバイエンジン


 RPG的演劇のパロディー、大衆演劇のパロディー、そして後藤剛範演じる筋肉むきむきの異形の少女の悲劇(?)を描いた『ゴッチン娘』の中編3本立て。いずれも五反田団アトリエで企画公演として発表されたもののようなのだが、ハイバイもこういうお遊び的な公演もするということが分かり少し驚いた。芝居の出来栄えとしては1本目が一番面白かったかなと思う。2本目は芝居が始まる前の岩井秀人の解説では大衆演劇というのだけれど、「髑髏」のモチーフが出てくるから劇団☆新感線の「髑髏城の七人」のパロディーという要素も少しあるかなと思った。

Cucumber+三鷹市芸術文化センターPresents 土田英生セレクション vol.4「きゅうりの花」@三鷹市芸術文化センター星のホール

作・演出|土田英生
出演|内田淳子 加藤 啓(拙者ムニエル) 金替康博(MONO)  神田聖司 諏訪 雅(ヨーロッパ企画) 千葉雅子猫のホテル)  土田英生(MONO) [五十音順]

simokitazawa.hatenablog.com

範宙遊泳「その夜と友達」@横浜STスポット

ちょうどボブディランがノーベル文学賞を受賞する頃、とある住宅街を目的もなく散歩していた時、どこかの家の換気扇の排気口から漂う晩御飯の匂いに触発されてこの演劇を着想した。それは嗅覚を次の四ツ辻まで奪い去るような筑前煮の甘辛い匂いだった。べつにポトフの匂いだったとしてもおそらくこの演劇をつくることになったと思う。でもきっと筑前煮でなければ「その夜と友達」というタイトルの演劇にはならなかった。この演劇には2人の男と1人の女が登場する。2人の男と1人の女といえばその常套手段として三角関係を描くのか、と思いきや今作はそれを本意とするものではなく友情の話である。友情といえど残念ながらいわゆる「青春」にはならない。青春だと感じる余裕もなく、ただそこでのそのそと生活する人々のちょっと風変わりな話だ。これは壁(排気口)の向こうの時間と匂いについての物語である。
山本卓卓

作・演出:山本卓卓
出演:大橋一輝(範宙遊泳) 武谷公雄 名児耶ゆり

スタッフ:
音楽|涌井智仁 アートディレクター|たかくらかずき 映像|須藤崇規
美術|中村友美 照明|富山貴之 衣裳|藤谷香子(FAIFAI) 舞台監督|櫻井健太郎
演出助手|藤江理沙 デザイン|金田遼平 広告写真|齊藤翔平
当日運営|田中亜実 制作助手|川口聡 制作|柿木初美 制作統括|坂本もも

協力|プリッシマ FAIFAI ロロ 急な坂スタジオ 森下スタジオ ローソンチケット
助成|芸術文化振興基金 公益財団法人セゾン文化財
共催|STスポット
企画制作・主催|範宙遊泳 さんかくのまど====

青年団若手自主企画vol.70 笠島企画「笑い話・別れ話・割り切れない話」@スタジオ春風舎

作・演出:笠島清剛
出演 村田牧子、鄭亜美、伊藤毅、坂倉花奈、尾崎宇内、折舘早紀、中藤奨(以上、青年団)、小田原直也
スタッフ

舞台監督 :伊藤毅青年団
照明:黒太剛亮(黒猿)
音響:瀬野豪志(蘇音)
舞台美術:渡辺瑞帆(青年団
宣伝美術:内田圭
制作:寺田凜(青年団
総合プロデューサー:平田オリザ
制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
技術協力:大池容子(アゴラ企画)

青年団若手自主公演笠島企画「笑い話・別れ話・割り切れない話」@アトリエ春風舎観劇。税理士事務所を舞台に男女の恋愛模様をあれこれ。鄭亜美、坂倉花奈、折舘早紀ら青年団女優陣のキュートな魅力にノックダウン。男たちの情けなさぶりも見所だ。

劇団ジャブジャブサーキット「月読み右近の副業」@下北沢駅前劇場

作・演出 はせひろいち
◆CAST
咲田とばこ
はしぐちしん(コンブリ団)
荘加真美
空沢しんか…●
中杉真弓…★
伊藤翔
まどかリンダ…●
谷川美穂…★
;癲橋ケンヂ

●と★はダブルキャストです。
中杉と、空沢が一つの役を
谷川と、まどかが一つの役を日替わりで演じます。
☽の回と、★の回のダブルバージョンで上演いたします。



◆STAFF
作・演出 はせひろいち
照明 福田恒子
音響 松野 弘
舞台美術 JJC工房
舞台監督 岡 浩之
宣伝美術 石川ゆき
制作 劇団ジャブジャブサーキット
制作協力(東京) 癲橋俊也
(THEATRE THEATER)

咲田とばこ演じる右近はテレビにも出演するような人気占い師だったが、ある時を境にそうした仕事をやめて助手役を務める若い男(伊藤翔大)やどこからかそこに迷い込んできた少女(まどかリンダ)と一緒に山奥の一軒家で隠遁生活を送っていた。

しばらく旅に出ていたらしい車椅子の男が右近の元に戻ってくる。するとそこには今度は右近の友人らしき女(荘加真美)、政界のフィクサーと思われる老人(癲橋ケンヂ)なども現れる。どうやら登場人物らには姿が見えないらしい女(空沢しんか)も出没しなにやら怪しげな陰謀めいた事件が進んでいるようだ。

迷い込んだ若い女の正体は誰か。フィクサーの老人と右近の関係は。どことなくいわくありげな女の友人はどういう人なのか。正体不明の姿の見えぬ女は誰なのか。はせの舞台ではこうした謎が特に前半部分では解き明かされることなく、まるで地層をなすように次々と提示されていく。その謎の多くは後半明かされていくことにはなるのだが、通常のミステリ小説と異なるのは物語の最後の大団円を迎えても謎のいくつかは明かされることなく、残って観客にある種の余韻を残して終わる。

平田オリザらが90年代半ばから開始した群像会話劇に「関係性の演劇」の呼称を使用したのはそれらの舞台の多くが複数の登場人物の会話のなかから、人物間の背後に隠された関係性を浮かび上がらせるという共通の特徴を持っていたからだった。代表的な作家としてはもちろん平田の名が筆頭に挙げられるが、それ以上に活発に創作活動を展開していたのが弘前劇場長谷川孝治、桃唄309の長谷基弘、そしてジャブジャブサーキットのはせひろいちで、半分ダジャレの感もあるけれども彼らを称して関係性の演劇の三銃士ならぬ「三ハセ」と呼んでいた時期もあった。
 彼らの劇作は共通の特徴を持っていたが、もちろんそれぞれに大きな方向性の違いもあった。ジャブジャブサーキットのはせひろいちに関して言えばこの三人のなかでは特に90年代当初のスタイルにおいてはほとんどの作品が現代あるいは近未来に舞台を設定した群像会話劇であったという点で上記の三人のなかではもっとも平田と近いスタイルをとっていたともいえるが、はせの場合その作品の多くがミステリ劇風の様相を見せたように見せ続けていくことのドライビングフォースが「謎解きの構造」にあること。そして、多くの作品においてその謎によって浮かび上がってくる真相のようなものが、現実世界の事実関係のようなものではなくて、一種の「幻想にあること」。つまり、はせひろいちの劇世界は日常会話の劇のスタイルを装った幻想劇であることにその最大の特徴があった。