「SOUND×VISION 2004」@graf gm

 SOUND×VISION 2004」graf gm)を見る。
 映像と音楽の組み合わせによる作品を区切られた部屋で見る展覧会。参加アーティストは

コーネリアス×グルーヴィジョンズ
バッファロー・ドーター×小谷元彦
ヤン・イエリネック×カール・クリーム [ディーンストステーレ/メゾ]
ファンクストロング×エンライトメン
パトリック・パルシンガー×マロック [ローダウン]
パードン木村×宇川直宏
エスエヌディ (イギリス)
レチェンツェントラム(ドイツ)
アルバ・ノト a.k.a. カールステン・ニコライ(ドイツ)
デクストロ (オーストリア
テルコシステムズ (オランダ)

とかなり豪華。だが、映像作品を見るのには時間がかかり結局全部は見られず(設定の調子が悪いものもあった)。目玉はコーネリアス×グルーヴィジョンズだと思うのだけれど、これは結局見られずバッファロー・ドーター×小谷元彦パードン木村×宇川直宏など何本かを見て、DVD*1を購入して帰る。後で分かったのだけれど
パードン木村×宇川直宏の作品は市販の雑誌をモチーフに使っているため、DVDの収録では映像がそのまま見せられなかったようで、これを生で見られたのはよかった。
 会場で見た作品ではその「パードン×宇川」作品と「ファンクストロング×エンライトメント」作品が面白かった。というか、あの会場の状況ではミニマルアート的な作品は集中して見るのが難しかった。
 展示についてはどのモニターでどの作品が展示されているのか一切提示されていないので、映像にクレジットは出るのだけれどそれは一瞬だし、もう少しそういうところにも気を使ってほしかった。

少年王者舘「こくう物語」@一心寺シアター倶楽

 少年王者舘「こくう物語」(一心寺シアター倶楽)を観劇。
 鈴木翁二の「こくう物語」が原作となった新作ということだったが、実際にはやはり鈴木翁二原作を以前劇化した「マッチ1本の話」を基に「こくう物語」の要素を挿入した改訂版的新作となった。しかし、天野天街の場合、新作旧作といってもいつも天野ワールドという点では差がないし、今回も当然そうで、無限ループに入っていくところのネタなど(おしっこシャーシャーのスケなど)で前に見たことがあると分かる程度で、どこが改訂されて、どこが「マッチ一本の話」のままなのかはほとんど分からなかった(笑い)。
 ただ、台本の遅れで作業全般が遅れたせいか、名古屋公演を終えてのこの日の公演であるのにもかかわらず前半部分は少し役者が硬く、本来の王者舘と比べると、ややテンポが悪く、微妙な間がずれているのが気になった。ただ、それも無限ループ(いつまでもと思うほど同じ台詞が繰り返される部分)あたりから、じょじょに硬さがほぐれてきて本来の調子がでてきた。
 これも鈴木翁二の原作を読んでいないので、どの部分が「こくう物語」に準拠した部分などが分からないのだけれど、夕沈が演じる平吉と姉との関係と最初の方の群唱で出てくる時代設定の部分などがそうなのじゃないかと思う。だれか詳しい人がいれば教えてもらいたいところなのだが。