「梅佳代写真展 男子*3」

梅佳代写真展 男子」HEP HALL)を見る。
 1月に見た写真展「Comical&Cynical 韓国と日本の現代写真 二人の女性ディレクターから見た一側面」でこの人面白いと思った梅佳代だが*1その後すぐに木村伊兵衛賞を受賞してしまったりして、一気にスターダムに乗った感もある。その勢いをかっての今回の個展だが、やはり面白い。

維新派「nostalgia」(2回目)@ウルトラマーケット

維新派「nostalgia」(2回目)ウルトラマーケット)を観劇。

M1 海の近くの運動場  映像で運動場→海辺のゴミ捨て場のようなところに横たわる「巨人」
M2 移民たちの肖像 ブラジル映像でヂャンヂャン創世記
M3 身体検査 四角い箱型の枠のなかに入った人たち
M4 <彼> 映像? 巨大なる人の登場
M5 7拍子のサンバ 緑の農場とコロニアル風の建物 
M6 渡河 河を次々渡って南米を縦断
M7 難民 排日運動 
M8 風の旗 映像で風にはためく旗が次々と
M9 ジャングルジム 巨大なるジャングルジム
M10 白と赤のタンゴ 戦乱に巻き込まれる
M11 護送列車 つかまって捕虜として収容される
M12 El dorado 映像と舞台装置の合成により巨大なる発掘現場を再現
M13 山高帽 巨大なる人と帽子を拾った少年に出会い

物語
1908年。ブラジル・サンパウロ。移民収容所で身体検査を受ける日本人少年ノイチ。その隣にはポルトガルからの移民の少女アン。2人はある日、先住民の花を売る少年チキノに出会います。ブラジルからアルゼンチン、チリ、ペルーと南米を縦断する3人の旅が始まります。

 維新派「nostalgia」2回目の観劇。
↓ランキング参加中です。
人気blogランキング