五反田団「偉大なる生活の冒険」@こまばアゴラ劇場

五反田団「偉大なる生活の冒険」こまばアゴラ劇場)を観劇。

作・演出:前田司郎
出演:安倍健太郎(青年団)、石橋亜希子(青年団)、内田慈、中川幸子、前田司郎

岸田国士戯曲賞を受賞したばかりの前田司郎(五反田団)の新作である。受賞後第1作となるが、相変わらず「だめ男」を描かせたら日本一という前田らしさを存分に発揮した舞台に仕上がっていて、思わずニヤリとさせられた。芥川賞候補となった自作の小説「グレート生活アドベンチャー」の舞台版ではあるのだが、小説と舞台を比較すると主人公の男の「ダメ」ぶりは一層グレードアップした感がある。小説ではまだ男は外出したりしてるし、物語の最初の方ではカメラの修理をしてそれをネットで販売することなどでそれなりの収入をえているのにこの舞台版ではテレビゲームをしているだけでいっさい働いていない。ころがりこんでるのも小説では一応、彼女の部屋なのだが、舞台版では元カノ(内田慈)という設定にはなってるけけれど、もはやなんでもない存在であったりする。ただ、「でていけ」とか面と向かって言ったりはしているけれど、この女性が男を本気で追い出しにかからないで、猫でも飼っているような状態しているのはどうもおかしい、不自然とは思うのだけれど、見ているうちにそういうことも次第に気にならなくなるのは主演の前田の憎めない「ダメ」キャラゆえであろうか。
 部屋の中に万年床が敷いてあって、そこに男がひとり寝転がっているという風景はどこかで見たことがある。まるでデジャヴじゃないのだろうか、というぐらい「ふたりいる景色」*1とそっくりである。「ニート」「セカイ系」「引きこもり」「エヴァ症候群」といった現代の病症とこの物語に登場する男は明らかに問題群を共有している。そこにこの舞台の現代性がある。−−こういう風にその時のレビューで書いたのだが、こうした点においてこの2つの作品はモチーフを同じくしている。
 もっとも、「ふたりいる景色」が自分の部屋のなかに引きこもったまま、外に出ずにゴマと自分の尿だけを摂取して即身仏になることを目指す男の物語。それに対して、「偉大なる生活の冒険」は元カノの部屋に引きこもったまま、外に出ずにRPGのゲームで魔王を倒すことだけに注力しながら、のんべんだらりとただ生き続けている男の物語。そう言いきることに若干の躊躇はあるのだが、即身仏=死ねこと、と一応考えると、このふたつの物語は片方は死への憧憬、片方は生への執着とまったく正反対の志向を扱っていながらも、どちらが生き方として前向きかというと一見、生>死のように思われながらも、前者はまだ積極的に死に向かってすすんでいく意志が感じられるのに対して、今回の生き続ける男は逆に積極的にはなにもしない後ろ向きさがあって、この2本を続けて見る時に死ぬことも、生きることもどちらがどうとは言い切れない。だから、ただ、生きるだけということも「偉大な生活=グレートアドベンチャー」なのだというが今回の作品に託した思いなのだろう。
 
   

グレート生活アドベンチャー

グレート生活アドベンチャー

チェルフィッチュ「フリータイム」@六本木SUPER Deluxe

チェルフィッチュ「フリータイム」(六本木SUPER Deluxe)を観劇。

「フリータイム」
作・演出:岡田利規
出演:山縣太一 山崎ルキノ 足立智充 安藤真理 伊東沙保 南波圭

 その間、岡田利規アイホールや京都芸術センターで上演した舞台などは見ているし、「三月の5日間」も東京、大阪での再演を見ているが、新国立劇場での「エンジョイ」を見逃していたので岡田の新作というとずいぶんひさしぶりという気がした。実はこの公演は最初、別の日に見る予定でチケットも手配していたのだが、仕事の関係でその日は見ることができなくなり、ここでまた見逃してしまうとあまりにも岡田の舞台から遠ざかってしまうと思い、五反田団を見ていた駒場東大前から六本木に駆けつけ、なんとかこの日の舞台を見ることができた。
 チェルフィッチュの舞台がどんな風なもので、それについて私がどのように考えているのかっていうことは以前、雑誌「悲劇喜劇」向けに描いた小論*1に詳しく書いたので、ここでいまさらもう一度繰り返すことはしないが、今回「フリータイム」を見て感じたのは、「三月の5日間」や「労苦の終わり」「目的地」といったこれまでの作品では相当に複雑であった戯曲の構造が今回はものすごくシンプルになっているのだなということだった。物語の設定といっても、朝会社に行く前にファミレスに寄って1杯のコーヒーを飲みながら30分だけ自由な時間(フリータイム)をすごしている女性がいて、その時間は彼女にとってささいなことだけれどもかけがえのない時間なんだよ、ってことが複数の話者によって繰り返し語られる。こんな風に要約してしまうと本当にもともこもないというか「なによ、それ」って感じなのだけれど、こういうそこはかとない空気というか感覚のようなものを観客と共有できるかどうかというのがどうやらこの作品、あるいはひょっとしたらチェルフィッチュの方法論の核心なのではないかと舞台を見ながら思われてきた。