アイホールダンスコレクション vol.58[チェルフィッチュ・teuto]@アイホール

アイホールダンスコレクション vol.58
「演劇をフィールドとする演出家による身体性にフォーカスした作品、2本立て公演」
チェルフィッチュ『クーラー』テキスト・演出=岡田利規
出演=山縣太一,安藤真理

※初演…WE LOVE DANCE FESTIVAL(2004年8月アートコンプレックス1928)

チェルフィッチュHP】http://chelfitsch.net/
teuto vol.5『ソーグー』
作=吉澤祐太
振付=芦谷康介
振付・演出・美術=杉原邦生

出演=芦谷康介 京極朋彦 黒田政秀 竹内英明 小須田衣里 富松悠 舟木マロン

※初演…Take a chance project“Platform”(2006年6月アイホール
舞台監督=西田聖 照明=魚森理恵 チェルフィッチュ音響=大久保歩 teuto音響=加藤陽一
宣伝美術=イトウユウヤ ディレクター=小倉由佳子 ◎主催=(財)伊丹市文化振興財団・伊丹市

どちらも演劇を主たる活動領域とする演出家によるダンス作品の2本立て。ダンス作品とは書いたがどちらもいわゆるコンテンポラリーダンスという風に考えたイメージとは大きく異なる作品であり、実はこの日はこの2作品の後、維新派「ろじ式」の舞台も引き続き見たこともあって、ダンスと演劇の関係についていろいろ考えさせられることになった。

維新派「ろじ式」@精華小劇場

□作・演出 松本雄吉

□出演 岩村吉純 藤木太郎 坊野康之 森正史 西塚拓志 金子仁司 中澤喬弘 貝田智彦 石本由美 平野舞 稲垣里花 中麻里子 尾立亜実 境野香穂里 大石美子 大形梨恵 土江田賀代 田口裕子 沙里 近森絵令 吉本博子 市川まや 今井美帆 小倉智恵 木下なず奈 桑原杏奈 ならいく 松本幸恵 森百合香 長田紋奈

□スタッフ
音楽:内橋和久

 場面
M1「標本迷路」
M2「地図」
M3「可笑シテタマラン」
M4「海図」
M5「おかえり」
M6「鍍金工」
M7「金魚」
M8「地球は回る、眼が回る」
M9「木製機械」
M10「かか・とこ」

 精華小劇場で観劇した維新派「ろじ式」の劇評が演劇批評サイトwonderland(http://www.wonderlands.jp/index.php?itemid=1166)に掲載されています。「ろじ式」のことだけではなく、最近の維新派の表現の流れの推移全体に目を向けてやや長文のレビューとなりました。実は恒例の「2009年ベストアクト」では演劇編には「ろじ式」は入れず、あえて、ダンス編に「ろじ式」の一部である「木製機械」を入れましたが、その理由についても詳しく書いたつもりです。興味のある人はぜひ覗いてみてください。