今年の収穫2009

◇中西理(演劇舞踊評論、「中西理の大阪日記」http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/
1.ミクニヤナイハラプロジェクト「五人姉妹」(吉祥寺シアター
2.ロマンチカ・横町慶子SOLOACT VOL.1「かわうそ」(原宿ラフォーレ
3.SPAC「夜叉ケ池」(静岡芸術劇場)
 ミクニヤナイハラプロジェクトは新作「五人姉妹」とNHK企画で再演の「青ノ鳥」とベストアクト級の舞台が2本。チェルフィッチュポツドールに次を感じさせる新作がなかった今年。やはり「いまが旬」をもっとも感じさせたのはニブロール矢内原美邦によるミクニヤナイハラプロジェクトであった。
  一方、ベテラン健在を感じさせたのが横町慶子SOLO ACT VOL.1「かわうそ」によるロマンチカの復活劇。レビュー的な公演はとびとびでやっていたけれど、ちゃんと筋立てがある演劇といっていい公演はいつ以来だろう。しかも、SOLO ACT VOL.1ってわざわざ銘打っているってことは次もあるということですよね。SPAC「夜叉ケ池」も魅力的な新ヒロイン、たきいみきを擁して泉鏡花を「崖の上のポニョ」にした宮城演出に脱帽。
年間観劇本数=220本。