シアターアーツ2010年・年間回顧アンケート

シアターアーツ2010年・年間回顧アンケート

お名前
中西理
お名前(ふりがな)
なかにしおさむ
シアターアーツ購読
AICT会員
メールアドレス
BXL02200@nifty.ne.jp
優秀作品

公演名・1
ままごと×あいちトリエンナーレ「あゆみ」(精華小劇場)
公演名・2
チェルフィッチュ「私たちは無傷な別人である」(愛知芸術文化センター
公演名・3
東京デスロック+渡辺源四郎商店「月と牛の耳」(キラリ(白星)ふじみ)
公演名・4
快快「Y時のはなし」(原宿VACANT)
公演名・5
マームとジプシー「ハロースクール、バイバイ」(京都アトリエ劇研)
推薦順位
上記の並び順
優秀アーティスト・ベスト3

優秀アーティスト・1人目
岡田利規(劇作家、演出家)
優秀アーティスト・2人目
柴幸男(劇作家、演出家)
優秀アーティスト・3人目
ヤザキタケシ(コレオグラファー、ダンサー)
優秀実験作品

優秀実験作品
トイガーデン「ユビュ王」(ウイングフィールド)
優秀実験アーティスト
安武剛
コメント
2010年の最大の特徴は柴幸男(ままごと)、多田淳之介(東京デスロック)、篠田千明(快快)、中屋敷法仁(柿喰う客)らポストゼロ年代の作家の本格的な台頭であろう。
 年頭に「わが星」で岸田國士戯曲賞を受賞した柴はこの世代のトップランナーに躍り出た。公立劇場の最年少芸術監督の多田も渡辺源四郎商店との合同公演などで成果を見せた。
 快快(「Y時のはなし」「SHIBAHAMA」など)、柿喰う客(「露出狂」など)、悪い芝居(「「らぶドロッドロ人間」「キョム!」)の充実も目立ち、マームとジプシー、ロロ、トイガーデンなどさらに若い世代の息吹も感じた。
 先行世代ではチェルフィッチュは「私たちは無傷な別人である」で超現代口語を捨て去り、セリフと動きの完全分離という新たな方法論を模索。松本雄吉×松田正隆「イキシマ」、七ツ寺プロデュース・天野天街演出「りすん」(七ツ寺共同スタジオ)などベテランの健在ぶりも目立った。