2012年度AICT年間回顧アンケートフォーム

2012年度AICT年間回顧アンケートフォーム
『シアターアーツ』では次号にて年間回顧特集を予定しております。つきましてはこちらの質問へのご回答に御協力をよろしくお願いいたします。

※こちらのアンケートは、AICT会員の方、およびシアターアーツ定期購読の方への内容となります。


AICT2012年・年間回顧アンケート
お名前 中西理

お名前(ふりがな) なかにしおさむ

シアターアーツ購読 [必須]
AICT会員
シアターアーツ定期購読者
メールアドレス BXL02200@nifty.ne.jp
入力例:foo@example.com

■優秀作品
■Q1.2011年に観劇したもののなかで優れている舞台を5本あげてください。順位なしの場合は「推薦順位」の欄で「順不同」をチェックしてください。順位をつける場合はかならず各順位1本でご記入ください。該当作がない場合は全順位を埋める必要はありません。

下記の並び順
1位・上演団体+作品名
木ノ下歌舞伎「義経千本桜」(京都芸術劇場・春秋座)

2位・上演団体+作品名
KUNIO「更地」(元立誠小学校・講堂)
3位・上演団体+作品名
青年団石黒浩研究室「三人姉妹」(吉祥寺シアター
4位・上演団体+作品名
渡辺源四郎商店「翔べ! 原子力ロボむつ」(下北沢・ザ・スズナリ
5位・上演団体+作品名
チェルフィッチュ「現在地」(福岡・イムザホール)
■優秀アーティスト・ベスト3
■質問2.今年観劇したものの中で優れたアーティストを、劇作家、演出家、振付家、美術家、俳優、ダンサーごとに各3人まであげてください(得点や順位はありません)。
優秀劇作家・1人目
畑沢聖吾(渡辺源四郎商店)
優秀劇作家・2人目
岡田利規チェルフィッチュ
優秀劇作家・3人目

優秀演出家・1人目
多田淳之介(東京デスロック)
優秀演出家・2人目
杉原邦生(KUNIOなど)
優秀演出家・3人目

優秀振付家・1人目
QUICK・合田有紀(MuDA)
優秀振付家・2人目
岡登志子(アンサンブル・ゾネ)
優秀振付家・3人目
伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団
優秀美術家・1人目
井上信太(MuDA「男祭り」)
優秀美術家・2人目
高谷史郎(ダムタイプ  高谷史郎作品「CHROMA」@びわ湖ホール
優秀美術家・3人目
高橋啓祐(ニブロール「see/saw」など)
優秀俳優・1人目
山田百次(「翔べ! 原子力ロボむつ」)
優秀俳優・2人目
美加理(SPAC「マハーバーラタ」)
優秀俳優・3人目
佐々木幸子(「女優の魂」)
優秀ダンサー・1人目
松本芽紅見(「RE/PLAY」)
優秀ダンサー・2人目
中村恩恵(アンサンブル・ゾネ「Place in the Moment」)
優秀ダンサー・3人目
きたまり(木ノ下歌舞伎「娘道成寺」)
■優秀実験作品
■Q3.2012年に観劇したものの中で最も実験的・先鋭的と思った舞台作品、アーティストを1作品と1名あげてください。
優秀実験作品 MuDA「男祭り」(京都アトリエ劇研)

優秀実験アーティスト 多田淳之介(東京デスロック)

■優秀新人アーティスト
■Q4.今年活躍が目立った新人アーティストを一名をあげてください(新人の定義は皆さんの判断に委ねます)。

■コメント(400文字以内)
■Q5.2012年一年の年間回顧のコメントを400字以内でおねがいします。
2012年も年頭に藤田貴大(マームとジプシー)が岸田戯曲賞を受賞するなど引続きポストゼロ年代の若手作家の活躍が目立った。なかでも台頭が著しかったのが京都の杉原邦生であろう。通し狂言で自らを含め持ち味の違う3人の演出家(杉原、多田淳之介、白神桃子)を起用、プロデューサーとしての手腕が光った木ノ下歌舞伎「義経千本桜」、太田省吾の代表作を「わが星」のように演出したKUNIO10「更地」といずれも秀作だった。ダンス企画「We dance京都」に参加し「RE/PLAY」を制作、木ノ下歌舞伎でも総合演出、「碇知盛」を演出した多田の活躍も目立った。ポスト3・11を象徴するような作品としては双方まるで異なるアプローチながらともに原発ならびに放射性物質による汚染の問題を取り上げたチェルフィッチュ「現在地」、渡辺源四郎商店「翔べ! 原子力ロボむつ」が秀作。ロボット演劇の集大成となった平田オリザ「三人姉妹」も今年の収穫だった。

2012年の観劇本数
150本