綾門優季(青年団リンク・キュイ)インタビュー

 青年団の次世代の作家たちを紹介する連載「青年団・現代演劇を巡る新潮流」は作品への評論(劇評)と作家のインタビューの2本立てで連載していく。第1弾は綾門優季青年団リンク・キュイ)である。青年団関連では多田淳之介(東京デスロック)や柴幸男(ままごと)が登場した時に新しい演劇の息吹を感じて興奮させられたが、いま現在「この次」をもっとも感じさせるのが綾門なのだ。(インタビュアー/文責は中西理)
中西理(以下中西と略す) 綾門さんが演劇と出会った、あるいは自分も演劇をしようと考えたきっかけは何だったのでしょうか。
綾門優季(以下綾門と略す) 演劇を始めたのは割と普通で高校演劇からなんです。ただ、その時はまず俳優から始めたんです。どこの演劇部もそうなんですけど男優がいない。女性ばかりの活動が普通なので、それで僕も男優として入ったんです。先輩たちが抜けた後、演出もやることになった。けれど高校演劇はそれで卒業したので脚本を書いたのは大学に入ってからでした。高校は富山高岡高校進学校だったこともあり演劇部も弱小で、高校演劇と現在演劇をしていることは直接はつながってない。断絶している感覚が強いんです。
中西 大学は日本大学芸術学部日芸)の演劇専攻でしたね。
綾門 演劇部より大きかったのは日本大学の芸術学部演劇専攻に入ったことでした。もともと文章を書いたり、読んだりするのが好きで、それで文学部をいろいろ受けたんです。ただ日芸を受けようと思った時に文芸学科より演劇学科の方がなんとなく面白そうだった。出身者にも中退していますが爆笑問題がいるし、三谷幸喜もいて、そういう人たちの作品も見ていたので日芸は演劇だなと思い受けたら、それは受かり、ほかの大学の文学部は落ちたんです。それで浪人するよりはそのまま受かった大学に入学しようと思って演劇学科の劇作コースというところに入った。これが大きな契機となりました。川村毅さんが直属の先生で、脚本提出の課題があり、初めて書いて提出した脚本が(皆で互いに投票をすると)最多得票でした。でも「面白かった」という感想はあまり聞けなくてただ「変だ」と言われた。そのころから僕だけセリフがすごく長くて、いわゆる普通の会話より一人がものすごい暑苦しくて詩的な文体みたいなものをとうとうとしゃべるようなものを書いていた。一方で当時主流を占めていたのは会話劇だったんです。
 平田オリザさんが登場した時にはあのくらいナチュラルな会話をやるというのは新鮮だったわけですが、青年団の先輩が活躍した後はそういうことはある種演劇を作るうえでのデフォルトになっていた。皆ナチュラルな会話の脚本ばかり。それは僕の世代も僕の下の世代も変わらない。僕みたいに暑苦しい作品が少なくなっているから逆に「それもあり」となったんだという気がしました。清水邦夫さんや唐十郎さんが昔はいたわけですが、あまりに世代が離れているから、やはり言葉の質とかが違う。アングラ的な要素は僕はすごく少ないと思います。それで「これに可能性があるかもしれない」と思ったのが最初のきっかけです。
中西 演劇をやっていくうえで影響を受けた作家はいますか?
 先輩から教えられ劇団を見に行ったのですが、「わが星」が岸田戯曲賞を受賞した年だったので、「本当にすごい作品が現れた」という風に話題になっていた。ロロという先輩の劇団も旗揚げしたばかりだけど面白いらしいという話もあった。ロロとままごとを見たのが東京での観劇の最初だった。それからは先は快快など折込みチラシで気になった劇団を見て回りました。
中西 「わが星」やロロはそれまで見てきた演劇と違う印象はありましたか。
綾門 びっくりしました。特に「わが星」は「このレベルじゃないと戯曲賞が受賞できないのであればもう演劇をやっていくのは無理なんじゃないか」とさえ考えさせられました。それはそのあと、快快やロロを見た時にも思いましたが、あまりに自分が高校演劇とかでやってきたものとは作風的なものが違いすぎて「こんなことになっているんだ」と思って「演劇始めるのって無理じゃない」と思ってしまった。ロロとままごとが話題になっていたのは日芸の先輩なので、それにかかわっている先輩方(OB・OG)も多くて、自動的にその情報が入ってきたという感じなのですが、そのな形で演劇を始めたのに今とりあえず生き残れているのが不思議です。
中西 綾門さんの作品を見ると作風は全然違うのですが、作品の作り方、アプローチ面で柴さんとの共通点を感じる時があるのですが。
綾門 たぶん、僕はままごととかロロをデフォルトにするところから演劇を始めたということがあります。自分たちがこれから出ていくということはロロとか、ままごととかが当たり前にある世界の中でこれのさらに先を出していかなければならない。そのためにはどうすればいいのか。そこからスタートしている。影響を受けるというよりこれが出発点という印象が強い。
 「チェルフィッチュ以降」というような言い方があるけれど「チェルフィッチュ以降ですらない」と思っている。チェルフィッチュを初めて見たのが「ホットペッパー、クーラー、そしてお別れのあいさつ」なのですが、チェルフィッチュが相当知られるようになった後の作品で、僕の東京での最初の体験はやはりロロとかままごととか東京デスロック「再生」とかで、そういうものがあたり前のように上演されていたことだった。
中西 そういう作品群を私はポストゼロ年代演劇と呼んでいるのだけれど、当時は進化論でいう「カンプリア大爆発」のようなことが演劇の世界で起こってましたよね。
綾門 そうです。他にはマームとジプシーなんかもすでにいて、「新しい人たちが出てきた」というよりは私にとってはもはやそれが歴史だったんです。そこからスタートしているという自覚はすごくあります。
中西 劇団の旗揚げはどういうきっかけがあったのでしょうか?
綾門 Cui?に関してはもともと1年生の時に書いた戯曲を外でもやってみようと思って、教室公演をやってみたのですが、それでは仕方ないなというのがあった。同じ学生同士だと文脈が固定してしまうということがあってちゃんと全然文脈の違う大人の目に晒されて判断してもらいたいという気持ちが割と強くあったんです。それで最初から1年生の時に新宿眼科画廊を借りてやろうとしたら3・11でそれが流れて、半年後の2年生の12年7月に旗揚げ公演の「祈る速度」をやりました。ですから3・11がなかったらそのまま1年生の時にやっていたと思います。ただ、この時にやってその後しばらくやっていないのには理由があってまだこの時作風は今の形に全然なっていないです。まだちょっとしゃべり言葉のようなものが混ざっていて、中途半端な作品だったと思うんです。なので旗揚げ公演ではないけれど実質、今のCui?の作風に初めてたどり着いたのが「きれいごと、なきごと、ねごと」だったと思います。その作品で初めて完全にしゃべり言葉をやめてリアリティーも完全に度外視して作るという風に開き直った。これは続けていけばたぶん次はもうちょっとうまくアプローチできると思って「止まらない子供たちが轢かれていく」という作品を書いて、それが後にせんだい短編戯曲賞を受賞するわけです。
中西 僕は「止まらない子供たちが轢かれていく」の再演で初めて綾門さんの作品を見て、「これは凄い人が現れた 」と相当驚きました。というのは戯曲の組み立て方がまず普通のものとは違っていた。それに加えて、スピード感がもの凄く、それとカタストロフィーに向けて突き進んでいくような暴力的なものという主題とスタイル(様式)が一体のものとして感じられたからです。展開の仕方も3つのゾーンに分かれた舞台でそれぞれの俳優がいろんな人を次々と演じていくのだけれど、その構造の組み立て方が普通の戯曲と全然違っていた。あれはどういうことだったんでしょうか。
綾門 「止まらない〜」でまず考えたのは情報量の多さが自分の戯曲のアピールポイントじゃないかということでした。それで「きれいごと〜」は登場人物7人の芝居だったので少し人数を増やそうと思ったんです。
 「止まらない〜」は役だけでいえば14か15人いるはずです。脇役をどうカウントするか、出てない人をどう数えるかで数は変わってきますが。しかし、それを全部普通に出すとただぎゅうぎゅう詰めになってしまう。話を追えなくなってしまうかもしれない。
 それで6人それぞれに役を兼ねさせて、「子供」「先生」「親」の3種類に分けて、かならず全員が「子供」「先生」とか、「先生」「親」とか、「親」「子供」とか立場の異なる役をそれぞれ演じて、そこで対立関係にある2人の人物を同じ人が演じるようなペアを作った。つまり「きれいごと〜」で少し感じた可能性を最大限に引き出すためにはまず最初の設定というものをどういう風にすればいいのかとアプローチしたのがそれだったんです。これがちょっと青年団に入ったきっかけにもつながるのですけど、「止まらない〜」が無隣館という「こまばアゴラ演劇学校」(今2期がはじまってますけど)に入った大きなきっかけで、無隣館は最初、書類審査があってそれを通った後に作文(オリザさんの本の感想)とそれまで自分がやってきたことが分かる何らかの成果物を提出したうえで面接して受かるかどうかが決まるんです。その時に僕が出したのが「止まらない〜」の戯曲でした。それは受けた時に一番最新で書いた戯曲がそれだったからなんですが。その時に面接に関しては初めてで緊張していてすらすらとしゃべれてその内容に相手がうなずくというようなことは全くなくて、「面接そんなにうまくいかなかつたなあ」というような気持ちにもなったのですが、オリザさんが「止まらない〜」を「読んだけど面白いね」ということを面接中に言ってくれていてもし受かるとしたらそれがどのくらい関係するかなと思ったのですが、実際それで合格したように思われたし、その後の面接で「止まらない〜」がせんだい短編戯曲賞の最終候補に残っているという話をしたら「ここまで書けていたら、もしかしたら取るかもね」と言っていただき、実際に受賞することになったというのが、無隣館に入って最初の3か月ぐらいで起こったことだった。だから、もしかしたらこの作品がなければ入れなかったのかもなと逆に思うんですよ。
中西 青年団を受けようと思ったのは大学の先輩の柴さんがいたことも関係しているのでしょうか。
綾門 僕は青年団は受けてなくて、受験したのはあくまで無隣館なのです。なので青年団の入団試験もその前にはありましたが、受けてなかった。その時には僕はまださらに若くてちょうど劇団を旗揚げしたことだったから、さすがに大学1〜2年生で無理だろうと思っていたんですけれど、無隣館はもともと学校という触れ込みだったんですよ。今の2期の人たちは1期の人たちが青年団に入っていくのを見ているから、「そういうルートもあるんだ」と思っているかもしれないけれど、僕の頃は演劇学校をオリザさんが始めるよということだったので、僕は青年団に入る気はなかったんですよ。それは大半の人がそうだったと思います。入る気があるない以前に入れるのかどうかも知らなかったから。単純に大学の授業はベケットがどうとか、テネシー・ウィリアムズがどうとか、戯曲研究の授業はちゃんとあるんだけれど、いわゆる劇団みたいなものをちゃんと世の中に普及させていくか、書いたものを上演してどのようにして世の中にアプローチしていくかというような授業はほぼないんです。そういうことがオリザさんが例えば桜美林で授業をしていたこととか、ほかの大学の講師とかでワークショップをやっていたりするのを見ているとそういうことを教われるんじゃないかなという期待があってしかも入学料も無料だったということもあって、落ちても何の損もないし受けてみようと思ったのがきっかけでした。実際そういうことも教わることができたので、無隣館を受けたのは決して間違っていなかったなと思ったんですけど、そのまま無隣館の演出部の人たちがどんどん青年団に入る流れになったこと自体には驚きました。
中西 今振り返ってみれば無隣館1期生はツワモノぞろいだったといえそうですよね。
綾門 入ってみてびっくりしました。女優の人たちも例えばハイバイの川面千晶さんとかは最初のワークショップを受けた時から違うというか歴然とうまいんですね。でもそれは当り前で俳優の人に関してはもう活躍されている人ばかり。演劇学校と聞いた時に漠然とイメージしていたのは1期の人で日芸で唯一無隣館入った時に知っている人だったのは李そじんさんなんです。彼女は1回公演に出てくれたこともあって、今はもうテレビにも出てたり大きな舞台にも立っていますが、その頃は僕とかそじんさんはまだ学生で、こういう「今から行こう」という人たちの集まりだと思っていたんです。

http://7.gigafile.nu/k2caf360988e016f971a6b45978f27886-0429
http://7.gigafile.nu/i530e84c8a40dff6e874f308d691c14be-0429
http://7.gigafile.nu/ka94c6ed7a6cdae8e4a08eaa384152a7a-0429

パスワードはいずれも「cui」です。





 
 
  
 
 、