レ・アポストロフィ「ア・コール ふたりのソリストのためのために」

 レ・アポストロフィ「ア・コール ふたりのソリストのためのために」京都府民ホールALTIで見る。客入りが心配との話もあったが、ふたをあけて見れば超満員で立ち見までが出る盛況ぶりである。複数の白いボールを自由自在に操るジャグラーとミュージシャンとの2人の掛け合いで舞台は進行していく。超絶技巧をことさら難しさを強調することなく、一連の流れのなかでこともなげにやってしまう。内容的にも面白く、後、土曜日昼には神戸アートビレッジセンターの公演も残っているので、もし都合がつくならこれは見ておく価値ありだろう。もう少し、詳しい感想を下北沢通信の日記コーナーに執筆。興味を持った人は覗いてみてほしい。