福井晴敏終戦のローレライ上下(講談社)を読了。
 この人の本は以前に「亡国のイージス」を読んだことがあってこれが2冊目である。「亡国〜」が面白かったので、期待して読んだが、期待を裏切ることのない面白さ。ハードカバーで2分冊とかなりの分量があるのだが、「ローレライ」の正体が明かされて以降の畳み掛けるような展開はさすがで、一気に読んでしまった。