歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」 を読了。昨日の日記と続けてみると今年はあまり読んでいなかったミステリを「このミステリがすごい!」のランキングにしたがって、立て続けに読み始めたのが分かるであろう。さて、感想だが着想(アイデア)はなかなか面白いが、この種の作品にはありがちだが、ミステリとして解き明かされていく、謎解きのベクトルと大仕掛けなメイントリックがすれ違っているのが惜しまれる。秀逸なところはあるが、これが1位というのはどうなんだろう。