高村薫マークスの山早川書房)を読了。
 高村薫の文体にはどうもとっつきにくいという苦手意識があってこれまで、この本も何度か読みかけては中断するということが続いていたのだが、さすが評判が高いだけあって全部読み終えてみるとその評価もうなづける傑作である。
 合田雄一郎という刑事の人物造形にも惹かれたのでとりあえず、合田が登場する3部作「照柿」「レディ・ジョーカー」は読んでみたいと思う。