コーチングプロジェクト2(京都芸術センター)を観劇。

「ex」 作:浅野泰生 出演:石井千春 石田陽介 浅野泰生 
「Dream after the rape」作:藤原亜衣子 出演:藤原亜衣子
「バカンス」振付・構成:夏目美和子 出演:夏目美和子 
「箱庭」作・出演:きたまり
「バカンス」 作・出演:石田陽介
「にわいろ日和」振付・構成:三原慶祐 出演:三原慶祐 夏目美和子
 コーチングプロジェクトは京都発の新人ダンサー育成ワークショップ。コーチング・プロジェクト2では、京都を拠点に活躍する砂連尾理+寺田みさこのナヴィゲーションを受けながら7名のダンサーが6作品を制作・発表した。
 より一層の関西におけるコンテンポラリーダンスの活性化が現実のもとなるためにはナヴィゲーターとして今回指導を行った砂連尾理+寺田みさこらの世代に続く新世代の作り手の登場を期待したいところで、そのなかでも期待度の大きいのがきたまり(KIKIKIKIKIKI)、夏目美和子(シャッツカマー)、石田陽介らであり、彼ら(彼女ら)がどんな作品を見せてくれるのかを注目して見にいった。
 面白かったのはきたまりの「箱庭」。より正確にいえば作品や振付が面白いというよりも作品のなかでの自分の見せ方がすごく魅力的なのである。彼女の場合にはパフォーマーとしての持って生まれた資質に余人には替え難いあやうい魅力があって(どこまでそれを意識してやっているかについては若干の疑念もないではないが)、それを自分の持ち味としてうまく演出して見せることに長けている。