K-Balletカンパニー「コッペリア神戸国際会館こくさいホール)を観劇。
 熊川哲也が芸術監督をつとめるK-Balletカンパニーの新作。スワニルダを神戸里奈、フランツを熊川、コッペリウス博士をスチュワート・キャシディ。これまではヴィヴィアナ・デュランテをはじめとする外国人のゲストダンサーが主役を演じることが多かったが今回はスワニルダに1999年のローザンヌ国際バレエコンクールエスポワール賞等を授賞し、オランダ留学後、K-Balletに入団、昨年末ソリストに昇格したばかりの神戸が抜擢された。
 まだ、若いバレエダンサーだし、どうなんだろうと思っての観劇だったのだが、これは本当に可憐でこの役柄にはぴったり。見る前には康村和恵がまだ見たことがなかったので、康村だったらいいななどと思っていたのだが、神戸はまさにニュースターの誕生をこの目で目撃したの感もあり、すっかりそんなことを忘れさせるフレッシュな魅力に溢れた演技ぶり。技術的にはピケシュネの最後のところで少しぐらついたような気がしたけれど、そんなことはどうでもいいの。とにかく、可愛らしくて(特に2幕など)おじさんはちょっと萌えてしまいました。彼女でぜひとも「眠り」を見てみたいなあ。
 振付的にも第2幕の人形ぶりのところなどなかなかに楽しいバレエで、「コッペリア」というとどうしてもプティのイメージが強いのだけれど、熊川版もコッペリウス博士役のスチュワート・キャシディの芸達者な熱演振りもあって、負け劣らず楽しいバレエに仕上がっていた。
 期待していた康村和恵はこの日はスワニルダの友人と3幕で祈りのソロを踊ったのだが、いまいち印象が薄い。どうも神戸里奈と比べると華が感じられないのである。主役を踊ったらどうだったかが気になるのだが。