JCDN巡回公演「踊りに行くぜ!!」in大阪(アートシアターdB)を観劇。

宮原一枝(福岡)/笠井瑞丈・斉藤栄治(東京)/KAHNOSH (日ノ趣)(大阪)/大橋可也&ダンサーズ(東京)
「ぬる水」★宮原一枝(福岡)】
〜『足跡を残す、コトコトと紡ぐダンスが生まれる瞬間。』
 体の中から音が聞こえて、言葉が視覚化するような感覚。
 観る者の五感をくすぐる見事な身体ボキャブラリー!
http://www.jcdn.org/f-activ-a/selbst.htm

「血走り番外地」★笠井瑞丈・斉藤栄治(東京)】
〜『敵か味方か、弾丸兄弟現れる!』
 舞踏+ヒップホップ+α…その先に何が立ち上がるのか?!
 あらゆるダンステクニックをシームレスに操るニューカマー。
http://www.leftys.jp/art-net/ ←笠井瑞丈さんのインタビュー掲載中!!
”ダンサーって?!”

「compose」★KAHNOSH (日ノ趣)(大阪)】
〜『笑うこと忘れていませんか? 優れた効果の薬用です。』
 まるでフィルムを扱うような時間と空間のコラージュ技法。
 舞台全体がクシュクシュ笑う。新感覚の女の子三人組。
http://www.sakai.zaq.ne.jp/kahnosh/

「あなたがここにいてほしい」★大橋可也&ダンサーズ(東京)】
〜『独りで在ることの強さ、、、独りで在ることの弱さ
  どこまでも、ただそこに"在る"こと。』
 クールな視線が身体の内部にダイブする。
 共振するインナースペースダンスにあなた自身も共鳴するはず。
 2004年度トヨタコレオグラフィーアワード・ノミネート
http://dancehardcore.com/