「草間彌生展 永遠の現在」

simokitazawa2005-01-09

 京都造形芸術大学に卒業公演「声 Koe」を見に行こうと向かったのだが、道が混雑していて到底間に合いそうにないことに途中で気がつき、急遽予定を変更。国立近代美術館で「草間彌生*1展」を見ることにした。この展示は東京で一度見てはいるのだが、その時は混んでいて見られなかったLEDの照明をいっぱい吊るした部屋の作品とドッツのいっぱいの部屋(といってもよく考えりゃどこもそうなんだが)でテレビモニターに映っていた映像作品をゆっくり見られたので満足した。