松本清張「蒼い描点」

松本清張「蒼い描点」新潮文庫)を読了。
 物語の最初の方で殺されたフリーライターをめぐる13の謎などと列挙してあったり、途中の推理部分で正体が不明の人物について方程式のようにアルファベットを振ったりして清張作品としては珍しい純粋推理のような趣向のある作品なのだが、残念ながらそういうのはこの人はあまり得意じゃないようだ。上手の手から水がもれたというか、作家としての勝負どころを間違えたという感のある作品だった。真犯人は確かに意外ではあるが、証拠も複線もないじゃないか(笑い)。