「GEKKEN dance selection」

「GEKKEN dance selection」(京都・アトリエ劇研)を観劇。

GEKKEN dance selection
DIDIER THERON + SANTIAGO SEMPERE + TAKESHI YAZAKI
1.ディディエ・テロン『The man was walking steadily』
2・ヤザキタケシ『スペース4.5 2005』
3.サンチャゴ・センペレ『Gates to an Empty Landscape』

 今回のGEKKEN dance selectionは「日仏親爺ダンサーの饗宴」。3人ともに40歳以上*1。熟練の匂いのするコンテンポラリーダンサー・振付家によるソロ作品3本立て。青臭い若いダンサーには出せない味を十二分に感じさせるプログラムであった。

*1:サンチャゴ・センペレは50歳以上