横山秀夫「震度0」

 横山秀夫震度0朝日新聞社)を読了。
 警察を舞台に組織そのものを描くのが、横山秀夫の特徴だが、「震度0」もそうした横山節が存分に発揮された小説だった。一応、警察幹部の謎の失踪が事件としては描かれてはいるのだが、そこで展開していくのは組織内で自らの保身にやっきになり、生き残りのためには捜査情報の隠蔽や私的利用もいとわぬ警察幹部たちの暗闘劇。そのすさまじい情報戦は警察小説というよりも、ある種の経済小説*1やスパイ小説を彷彿とさせる。
 そういう意味で言えば主題を新聞社内での同様の暗闘にとった「クライマーズ・ハイ」同様にこれが普通の意味でミステリ小説といえるかどうかに関しては若干の疑問が拭いきれない。というのは、警察小説において、組織内の腐敗や争いが描かれることはあっても、それは通常、主筋である事件に対して脇筋にしぎないのが、この小説ではその主客が完全に逆転しているからだ。それでも「警察小説」であることは間違いないし、とにかく面白いことは面白いので、ミステリだろうが、そうじゃなかろうがどうでもいいともいえなくもない。
 

*1:舞台が警察がでなく、普通の企業であればこの小説のプロットは城山三郎などの企業小説に近い