「クシュシトフ・ウディチコ プロジェクション・イン・ヒロシマ」(2000年 監督・岸本康)

「クシュシトフ・ウディチコ プロジェクション・イン・ヒロシマ」(2000年 監督・岸本康)京都シネマ)を見る。

クシュシトフ・ウディチコ (1943年ポーランド生れ)は、都市やそこに住む人々が抱える様々な問題をテーマに、世界各地で作品を発表し続ける現代美術作家である。1999年8月、広島市原爆ドームの前で、日本では初めてのウディチコの「パブリック・プロジェクション」が行われた。現在の広島に住む被爆者、在日外国人、若者を含む14人の証言者の発言とともに、彼らの手が映像としてドームの下に投影された。このドキュメンタリーは、約1年間に渡ったこのプロジェクトの制作を振返ると同時に、ウディチコの作品に対する取り組みや、彼の社会を見つめる視点に迫る。