菊地暁(京都大学人文科学研究所共同研究班「身体の近代」) 「身体論のすすめ」

菊地暁(京都大学人文科学研究所共同研究班「身体の近代」)「身体論のすすめ」丸善)を読了。
寄せて上げる冒険―あるいは身体のポリティクス
第1部 表現と身体(ポルノ的身体とは何か―表象理論と身体
日本で裸体を描く―美術と身体
音楽は「聴く」ものか―音楽と身体)
第2部 行為と身体(僕は、昔、皿洗いだった―技能と身体
痛み・悼み・祈る―宗教と身体)
第3部 制度と身体(明治維新天皇天皇制の身体
教室で座るということ―学校と身体
耕す体のリズムとノイズ―労働と身体)
第4部 科学と身体(「機械」と「歴史」のあいだ―生命科学の身体観
「血液循環の発見」とは何か―近代医学の身体観)
言葉にできない―死と身体