西天満ギャラリー巡り

西天満ギャラリー巡り。ギャラリーwks.、Oギャラリーeyes、白、天野画廊、シティーギャラリーと急ぎ足でまわるが、ギャラリーwrks*1の展示「trigger:wnao exhibition」*2が面白かった。簡単に言えば携帯写真で撮影したスナップショットによる写真展ということなのだが、携帯からプリントアウトした写真プリントとそれを拡大カラーコピーしたものさらにそのコピーを何枚かに分割して拡大コピーしたものがそれぞれ展示してある。携帯写真がこれだけ普及してくるなかで、以前からプロの写真家で携帯写真の作品を発表する人が現れないだろうかと思って、秘かに注目していたのだが、ついに出てきたという感じである。もっとも、この作家は写真家というわけではなくて、本来は映像作家らしい。もちろん、携帯写真の画素数が上がってきているといっても、写真展のような形で引き伸ばして展示するにはまだまだ画面が粗いわけだが、この展示ではそれを逆手にとって、拡大コピーすることでその画面の粗さとかも逆に作品の質感の独特な面白さに転化しているというところのセンスはなかなかのものである。さらに言えば詳しいことは不明だが、この拡大コピーというのは今ではコンビニでも簡単に出来るらしいので、まさに「コロンブスの卵」というか、手間もコストもおそらく普通の写真よりは全然かからないはず。それで、これだけのちょっと「おっ」と思わせる展示ができてるというのはある意味すごいことだと思った。