AI・HALLハイスクールプロデュースvol.8「鉄橋の上のエチュード」

AI・HALLハイスクールプロデュースvol.8「鉄橋の上のエチュードAI・HALL)を観劇。
 そとばこまち元座長の小原延之が退団後、初の新作を公募により選ばれた現役高校生のキャストで上演。つい先日、事故後1年が経過したばかりとまだ記憶に新しいJR西日本福知山線の尼崎列車事故をモチーフにしている。会場になった伊丹アイホールはJR伊丹駅の真ん前という立地。この時期にそのホールのプロデュース公演としてこういう主題を持ってくるというのはいろんな意味で、簡単なことではなかったんだろうなと思うのだが、6人の地元女子高校生たちの精いっぱいの熱演もあって、そうした危惧を感じさせないなかなかの好舞台に仕上がった。