西山美なコ「〜いろいき〜」@児玉画廊・大阪

西山美なコ「〜いろいき〜」(児玉画廊・大阪)を見る。

 西山美なコの個展を大阪・本町の児玉画廊で見た。彼女の個展を児玉で見るのはこれが2回目。前回は確か壁にピンクの色で模様を直接書いていくウォールペインティングのような作品だったのではないかと記憶しているのだが、今回は花やつる草のような模様を装飾化し、レリーフ状に仕上げた作品が中心であった。写真ではいまいち分からないのが残念だが、ピンクの色の微妙な色づかいがきわめて鮮やか。
 鮮やかと書いたが、誤解を受けるといけないので念のために言っておくと、作品は板を切り取って、それに色を塗ったもものが、壁いっぱいに展開したインスタレーションなのだが、板は2層になっていて、いずれの層も白い壁からは少し浮かび上がって、レリーフ状に処理されている。面白いのはこの板自体は表側は白く塗られていて、そこに白以外の色は使われていないのだが、板の裏側がピンク色で塗られているので、白い壁にその色が反射して壁をピンク色に染め、そのピンクの光が壁で乱反射してレリーフ状の板の隙間の部分からもれ出てくることで、白い板の端の部分をほのかにピンク色を映し出すことで、全体としてすごく微妙なピンクの色に作品全体が包まれるという風に見えるのだ。