「Refined Colors」の欧州ツアー

 ダムタイプの照明家、藤本隆行さんの個人プログEvery dog has his day(http://kinsei.way-nifty.com/dogs/)で9月のお薦め芝居(http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/10000609)でも取り上げたMonochrome Circus+藤本隆行「Refined Colors」の欧州ツアーの模様が紹介されている。
 そのMonochrome Circusも「水の家」「Refined Colors」の2作品で参加しているポルトガルのダンスフェスティバルno Fundo do Fundo.*1もすでに始まっていて、日本からも7組が参加しているのだが、評判の方はどうなんだろうか。このフェスティバルについてはひょんなことから日本のコンテンポラリーダンスについての紹介文*2を書かされるはめになって、けっこう苦労したのでそれで余計に気になっているのだ。念のために言っておくと英文に訳したのは私じゃありませんが。
 その「Refined Colors」の帰国公演が10月9日に滋賀会館であり、お薦め芝居にも書いたように必見だと思うわけだけれど、なんとも残念なのは昨年のアジアツアーに引き続き、今年は欧州ツアーのオファーも受けて、評判もいいこの作品が東京(関東)では上演のメドさえつかないことで、こういうのはなんとかならないだろうかと思うのだけれど、だれか呼んでみたいという劇場プロデューサーが現れないだろうか。
人気blogランキングへ