contact Gonzo 格闘技のスパーリングに見えるかもしれませんが


ダンスの技法としてコンタクト・インプロビゼーション*1と呼ばれるものがあることはご存知でしょうか。コンタクト・インプロビゼーションはダンスの振付のための手段として用いられるとともに一種のコミュニケーションツールとしてプロのダンサーではなく、それを実践する愛好者がいるという運動体の側面も持っているダンス技法で、その実践活動は音楽のジャムセッションになぞらえてか、JAMと呼ばれています。通常のコンタクトがどういうものかというとこの映像http://www.youtube.com/watch?v=GUNfM-n_Soo&mode=related&search=を参考にしてもらいたいのですが、これがある程度技量のあるダンサー同士により、実践されるとこんな風http://www.youtube.com/watch?v=PNzFtSSlsPw&mode=related&search=になったりするわけです。
 実はあの「身体表現サークル」も主宰の常楽泰が集団の結成前にコンタクトのワークショップを受けていたこともあって、元をたどればコンタクトと関係がなくもないのだが、ここにまたおかしなことを始めた連中がいます(笑い)。その名もcontact Gonzo(コンタクト・ゴンゾー)。元・上海太郎舞踏公司のメンバーで現在はダンサーとしてアンサンブル・ゾネや山下残の作品の常連となっている関西一の売れっ子コンテンポラリーダンサーといっていい存在である垣尾優による新プロジェクトなのですがいったい何を考えているのか(笑い)。これって、ダンスといえるのでしょうか。コンタクトのことを勘違いしていることだけは間違いないと思いますが(笑い)。坂本公成によると垣尾は参加したコンタクトのワークショップで突然「どんな技でも受けてたつから、かかってきなさい」と言い出して、周囲の人間が完全に引いていたらしい(笑い)。その時点ですでに勘違いは始まっていた気がするが……。
 映像が以下のサイトにもありますので一度見てやってください。
contact Gonzo 002 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=5kdki7gTz_w&mode=related&search=
contact Gonzo silent bamboo & 1000 killer mochitos
http://www.youtube.com/watch?v=uiKJqDHra48&mode=related&search=
contact Gonzo ///the big wall. 002
http://www.youtube.com/watch?v=LxleT1NAfII&mode=related&search=
 確かにこれもダンスだと考えれば実験的といえばいえなくもないが、はたして「身体表現サークル」を超えることができるのか(笑い)。しかし、いったいどこまで出掛けているんだか。なお、contact Gonzoは「Dance Circus100連発!」*2でダンス作品として発表され、デビューを飾りました。
人気blogランキングへ

*1:日本の第一人者としてはMonochrome Circusの森裕子坂本公成がおり、常楽泰も彼らの主宰するワークショップを受けた

*2:http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/20061008