アジアコンテンポラリーダンスショーケース

「アジアコンテンポラリーダンスショーケース」OBP円形ホール)を観劇。

LEE Kyung-eun/韓国
幼少よりバレエをはじめ、Hanyang 大学で舞踊教育を受ける。高い芸術性と大衆性を含んだ作品は国内外での評価が高く、韓国人として始めてモンペリエ・フェスティバルに参加。
Nunu/中国
北京大学にてコンテンポラリーダンスを習得、以後上海に拠点を移しインディペンデントアーティストとして国内外で活躍。現在新作のソロ作品を創作中。
Elena Ortizo Laniog/フィリピン
フィリピン大学音楽学部にて、バレエ、モダンダンスを習得する。以後大学付属のカンパニーの振付家・ダンサーとして様々な作品を発表。
Agus Margiyanto/インドネシア
2002年までダンサー/役者としてRuang Solo Theaterに所属。以降、インドネシアの様々なダンサーとの共同作業を進める。パパタラフマラのインドネシア滞在制作作品に参加。


↓ランキング参加中です。
人気blogランキング