「HARAJUKU PERFORMANCE +(PLUS)」@ラフォーレミュージアム原宿

「HARAJUKU PERFORMANCE +(PLUS)」ラフォーレミュージアム原宿)を観劇。

出演者:
宇治野宗輝×ASA-CHANG「朝夕J」
contact Gonzo 「痛みの哲学 接触の技法 damaged sons on borders」
五月女ケイ子×ボクデス(小浜正寛)「メカデス」
Off Nibroll 「public=un+public vol.2」
泉太郎×山賀ざくろ 「天使の誘惑」

ボクデス「紙とロックwith peace」
KEL feat.伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団) 「KELKINOKOの完璧なお掃除の仕方」
ストロングマシン2号ストロングマシン2号メドレー」
男子はだまってなさいよ! 「キムジョンイルショー」

康本雅子「Anter-Hunter?」

展示:Chim↑Pom

キュレーター:桜井圭介

主催:ラフォーレ原宿
企画:ラップネット・precog
制作:precog
協賛:
協力:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会

桜井圭介氏がアサヒスクエアで開催してきたダンス企画「吾妻橋ダンスクロッシング」のグレードアップ版、入門版という感じなのだが、なかなか面白かった。ただ、安心して見られる面白さはあるのだけれど、どこかもの足りないのはなぜなんだろうか。これはなにも桜井氏のキュレーションに文句をつけようというわけではなくて、「うーん、どこか突き抜けない。もっと面白くなりそうな面子なのに」という同じような不満を東京滞在中にやはり行ってみた現代美術展「六本木クロッシング:未来への脈動」の新バージョンにも感じたからだ。
  
吾妻橋ダンスクロッシング」もそうなのだけれど、選ばれたダンサー・振付家は実力があるのでそれなりに魅せてくれるが、それぞれの作品がそれぞれの作り手のベストの作品なのかという風に問うていくと若干の疑問も感じざるをえないのも確かなのだ。