南弓子「バースデー」@神戸ビッグアップル

南弓子「バースデー」(神戸ビッグアップル)を観劇。

ナカガワキュウヤ(ベース)
南 弓子(ダンス)
小倉恒夫(映像)

 ダンサー・振付家の南弓子がミュージシャン、映像作家と即興によるコラボレーション。これまで見た南の舞台は美術作品のように精緻に構築されたものであったから、こういう即興を見たのは初めてでいろんな意味で興味深かった。この人はダンサーとしてやはり華があると再認識する半面、さすがにこれだけ動きのボキャブラリーに乏しいと存在感だけで見せていくのは十数分はできても30分、1時間という長丁場は苦しいということ。ただ、これまではどうしても自由奔放に踊るというよりは作品としてじっくり踊るということが多くて、もう少しはじけたり、ラフにふるまうことができればいいのにと彼女に関しては思っていたので、こういうミュージシャンとのコラボも少し続けてみるとそこからなにかが生まれてくるかもしれないとも感じた。