松田正隆「海と日傘」@NHK教育

松田正隆「海と日傘」NHK教育)を観る。

作:松田正隆
演出:高瀬久男
出演:竹下景子平田満 /山本道子/関 輝雄/鴨川てんし/藤本喜久子/大竹周作/頼経明子
美術:島次郎/照明:沢田祐二/衣裳:前田文子/音響:藤田赤目/演出助手:所 奏/舞台監督:井川学/宣伝美術:マッチアンドカンパニー/宣伝写真:今井智己/プロデューサー:ヲザキ浩実
主催:豊島区・(財)としま未来文化財
企画製作:あうるすぽっと

 この作品で岸田戯曲賞を受賞した松田正隆の初期代表作が「海と日傘」である。「海と日傘」は松田自身の演出による時空劇場の初演以来、CAB DRIVER、三浦基による青年団若手公演、木山事務所、やはり三浦基演出による京都芸術センターのプロデュース公演……とさまざまなバージョンの上演を見てきた。池袋に新しくできたあうるすぽっとという劇場のこけら落とし公演なのだが、平田満竹下景子が出演することで気になっていたものの、東京までは見に行けずあきらめていたところをNHKの劇場中継を録画、やっと見ることができた。演出は文学座高瀬久男
 主演の二人については時空劇場版の内田淳子、金替康博をはじめ若い俳優によるものが多かったため、三十代初頭ぐらいというイメージがあって、最初に平田、竹下のキャストを聞いた時には???と若干の違和感があったのだが、これはこれでいい、というよりはむしろ年齢的にはこれが本来のイメージに近いかもと思った。