唐組「夕坂童子」@精華小学校特設テント

唐組「夕坂童子」(精華小学校特設テント)を観劇。

作・演出:唐十郎
役者陣:唐 十郎・鳥山 昌克・久保井 研・辻 孝彦・稲荷 卓央・藤井 由紀・赤松 由美・丸山 厚人・多田 亜由美・高木 宏・岡田 悟一・気田 睦・野村 千絵・大 美穂・土屋 真衣・大嶋 丈仁・福元 美保

作曲:大貫誉/舞台美術:劇団唐組
制作:劇団唐組制作部
デザイン:及部克人/原画:大鶴美仁音/写真:藤澤邦見
データ作成:スタジオ・サラ/協力:(株)文化印刷

登場人物

奥山 六郎: 浅草花やしきで働きながら入谷朝顔市にふと寄った
谷 朝子: うぐいす谷の駅前、パーマ店に勤め、兄に出資している
谷影 三郎: 朝子の兄、入谷坂の夕陽にかざす蝋の手袋をつくろうとしている
風間 夕子: 蜂蜜店マーヤの蜜瓶を丘に売り、ノルマを背負う
蜂谷: 夕子に恋しながら下北半島に移っていく
丘 公助: 入谷坂本の商店街を仕切る男、<夕陽にかざす手袋展>の発案者
毛利: 町の繁栄に一毛一厘の毛をそよがす
英子: 毛利の妻で夜間小学校の教師をしていると言う
暮゛子(グレコ): 丘の経営する骨董店に今朝、女中として入った
情夜 涙子: 坂下の彷徨者、骨董店でビクターの犬を買い、うなだれ聞く犬の音色をさがしている
たが: 桶屋の締め屋
七三(ななみ): バーバー理髪店の職人
鮭里: 物屋のシャケ男
帯田: 坂下の帯、反物を売る婦人
坂波: 鶯谷の坂に押し寄せる景気のカーテン波をかぞえてる
糸影: 糸売り屋、絹糸毛糸、そして脇毛の毛一本の影を見据える奥さま