劇団☆新感線RX「五右衛門ROCK」@大阪厚生年金会館

劇団☆新感線RX「五右衛門ROCK」大阪厚生年金会館)を観劇。

 作:中島かずき 演出:いのうえひでのり 作詞:森雪之丞
 美術:堀尾幸男 照明:原田保 衣裳:小峰リリー 音楽:岡崎司 振付:川崎悦子
 音響:井上哲司 音効:末谷あずさ、大木裕介
 殺陣指導:田尻茂一、川原正嗣、前田悟 アクション監督:川原正嗣
 ヘア&メイク:宮内宏明 小道具:高橋岳蔵 特殊効果:南義明
 音楽部:右近健一 歌唱指導:伊藤和美 演出助手:富田聡、山崎あきら
 舞台監督: 芳谷研  宣伝美術:河野真一 宣伝画:ツバキアンナ
 宣伝写真:野波浩 宣伝メイク:内田百合香 宣伝:ディップス・プラネット
 票券&広報:脇本好美 制作協力:サンライズプロモーション東京(東京公演)
 制作:柴原智子 エグゼクティブプロデューサー:細川展裕
 企画・製作:劇団☆新感線、ヴィレッヂ
 出演:
 古田新太 :石川五右衛門
 松雪泰子 :真砂のお竜
 村木仁  :発破の灸六
 磯野慎吾 :モグラの壱助

 江口洋介 :岩倉左門字(京都所司代の役人 五右衛門を追う)
 逆木圭一郎:前田玄以(豊臣方奉行)

 橋本じゅん:ボノー将軍(バラバ国指揮官)
 濱田マリ :シュザク夫人(ボノー将軍の妻)
 森山未來 :カルマ王子(バラバ国に身を寄せる)
 川平慈英 :ペドロ・モッカ(武器商人)
 右近健一 :アビラ・リマーニャ(武器商人)
 川原正嗣 :バラバ国兵隊長

 北大路欣也:クガイ(タタラ国国王)
 粟根まこと:ガモー将軍(タタラ国軍指揮官)
 高田聖子 :インガ(鉱山現場監督)

 村木よし子:カルマの乳母・バーヤ、ホッタル族・ラウ
 山本カナコ:ホッタル族・ウレ
 保坂エマ :ホッタル族・ロコ
 中谷さとみ:バナナを食う子供

 河野まさと:タタラ国坑兵・ザン
 吉田メタル:タタラ国坑兵・ダルー
 冠徹弥  :タタラ国宮兵・ロック
 前田悟  :タタラ国部族長・ガナル

 飯野めぐみ:見物客、タタラの民、ホッタル族、母
 嶌村緒里江:見物客、タタラの民、魚ガールズ、坑夫
 NAMI :見物客、タタラの民、魚ガールズ、坑夫、子
 角裕子  :見物客、タタラの民、魚ガールズ、坑夫
 福田えり :見物客、タタラの民、魚ガールズ、坑夫
 葛貫なおこ:見物客、タタラの民、ホッタル族
 早川久美子:見物客、タタラの民、ホッタル族
 鈴木奈苗 :見物客、タタラの民、ホッタル族
 蝦名孝一 :五右衛門の手下、兵士、坑夫、ホッタル族
 安田栄徳 :五右衛門の手下、兵士、坑夫、ホッタル族
 青山航士 :五右衛門の手下、兵士、坑夫、ホッタル族
 古川龍太 :五右衛門の手下、兵士、坑夫、ホッタル族
 武田浩二 :豊臣秀吉、五右衛門の手下、兵士、坑夫
 藤家剛  :役人、五右衛門の手下、兵士、坑夫
 矢部敬三 :役人、兵士、坑夫
 工藤孝裕 :役人、兵士、坑夫
 根岸達也 :役人、兵士、坑夫
 加藤学  :役人、五右衛門の手下、兵士、坑夫

 バンド
 岡崎司(guitars) 高井寿(guitars) 福井ビン(bass) 岡部亘(drums)
 松田信男(keyboards) 松崎雄一(keyboards)

 曲目
 M1 五右衛門ロック     (お竜、五右衛門一党)
 M2 冒険商人ペドロとアビラ(ペドロ、アビラ)
 M3 ゾクゾクっと海賊!  (五右衛門一党)
 M4 国王陛下万歳!    (ロック、お竜、民衆)
 M5 復讐こそ我が道    (カルマ、ボノー、シュザク)
 M6 世界はおカネで回ってる(ペドロ、アビラ、カルマ)
 M7 バラバの奇襲!!    (ロック、兵士達)
 M8 ちっちゃいアナタ   (シュザク)
 M9 運命(さだめ)    (クガイ、お竜)
 M10 運命(さだめ)リプライズ (お竜)

 M11 ここは地の底地獄穴〜鉄の女 (インガ、坑夫達)
 M12 絶望と光       (カルマ)
 M13 ホッタル族の歌    (ホッタル族)
 M14 海を渡ったサムライ  (左門字、ホッタル族)
 M15 忠義って素晴らしい  (ペドロ、左門字)
 M16 忍びの恋       (インガ)
 M17 お色気対抗歌合戦   (お竜、インガ)
 M18 果てしなき戦い    (お竜、インガ、ロック、アビラ、シュザク、ボノー、
    カルマ、ペドロ)
 M19 ちっちゃいアナタ   (シュザク、ボノー)
 M20 ホッタル族の歌 リプライズ (ホッタル族)

最近はプロデュース公演に近い客演中心の座組みが目立っていた劇団☆新感線だが、今回の「五右衛門ROCK」ではさすがに羽野晶は出てないけれど、古田新太橋本じゅん、高田聖子、粟根まことと劇団の看板俳優がほぼ勢ぞろい。これに客演としてはそれぞれ2度目となる松雪泰子森山未來に加え、初参加の北大路欣也江口洋介川平慈英と豪華な顔合わせとなり、いかにも新感線らしい舞台となった。