「現代日本演劇・ダンスの系譜vol.2 ダンス編」 セミネールin東心斎橋のお知らせ

1回目が終了したところですが、ようやく来月の仕事のスケジュールがかたまり、レクチャー「現代日本演劇・ダンスの系譜vol.2」 セミネールin東心斎橋の第2回の日時が2008年10月23日(木)p.m.7:30〜にほぼ決めました。できるだけ次の日の休みの日にしてほしいなどの希望は前回聞きましたが、この日しか都合がつく日がない*1ので今回は無理です。もっとも、会場と日程の調整が済んでないので正式決定ではありません。なお、映像を見るとレクチャーの時間が足りなくなって参加者との交流の時間が限られてしまうので、少し時間を早めることにしたいと思いますが、どうでしょうか?
 今回は演劇編のチェルフィッチュ岡田利規に引き続き今回はダンス編の第1回として現代日本を代表するダンスカンパニーであるニブロールNibroll)=矢内原美邦を取り上げ、下記のような概要で開催いたします。

   ▼VOL.2[ニブロールとノイズ的身体]
 第2回の主題はニブロール矢内原美邦ニブロールはダンスカンパニーではありますがダンスだけでなく、でなく、映像、衣装、音楽、照明など舞台も構成するさまざまな要素を手掛けるアーティストをその集団の内部に抱え、そのコラボレーションにより作品を制作していくアーティスト集団。
最近はニブロール以外にoff nibrollなどメンバーによる別動隊的な活動も盛んで、分野としても映像インスタレーションなどでは内外の大規模な美術展に相次ぎ招へいされるなどその分野での評価も高まっている。
 なかでも振付・演出で主宰でもある矢内原美邦による「演劇作品」を上演するMIKUNIYANAIHARA POJECTはその第二回作品である「青ノ鳥」が岸田戯曲賞の最終候補作品に選ばれるなど、チェルフィッチュの「クーラー」がコンテンポラリーダンスの振付賞であるトヨタアワードのファイナリストに選出されたのと同様にクロスジャンルの活動が注目を集めており、今回のセミネールではニブロールのダンス作品のみでなく、MIKUNI YANAIHARA POJECTの演劇作品についても紹介していく予定なので、ダンスファンのみでなく演劇ファンも十分に楽しめる内容となるはずだ。
dance and art Nibroll :

*1:残りはほとんど深夜までの勤務