「現代日本演劇・ダンスの系譜vol.2 ダンス編・ニブロール」Web版講義録公開

 セミネール参加者の皆さん有難うございました。vol.1演劇編チェルフィッチュのWeb講義録も忙しくてまだテープ起こしができていないので後先逆転してしまいますが、今回の第2回ダンス編・ニブロールのWeb版講義録(http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/00000225を先に公開することにいたします。ただ、これはあくまで実際の講義の収録の再現というわけではなくて、講義の準備のための草稿を再構成して実際の講義風にまとめたものです。
 実は参加していただいた方には感謝感激というしかないのですが、2回目にして参加者が少なくめげてきています。1回目はそれでも十数人は参加者があったし、次第に増えていくんじゃないかと期待も持っていたのですが、今回は反応が悪くなんとわずか5人(しかもそのうち1人は知人に出席を依頼した)に減ってしまい、先行きこんなんで続けていく意味があるんだろうかといささかがっくり来てしまっています。こんな舞台を映像で解説付きでみるということにそもそも興味を持つ人はいないのか。始めた時の動機としては若い演劇の作り手の人にぜひ参加してもらいたかったのですが、いまのところ全然そういう人の参加もありません。一応、まだ告知が浸透していないという理由の方が大きいと考えられますので、これまでチラシなどは制作してなかったのですが、チラシ制作・配布などもしていかないとと思ってはいます。ただ、協力者が必要なので募集してるのだけれど、こちらも全然反応がないしな。(「
 次回は演劇編の2回目でもう少ししたら日時の告知ができるようになると思いますが、当初、青年団平田オリザ(「バルカン動物園」*1「冒険王」)ということで準備を進めていたのですが、「それではたして人が来てくれるのか」という指摘もあり、少し考え込んでしまっているところです。

*1:青年団「バルカン動物園」誤読的深読みレビューhttp://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/00000024