多摩川アートラインプロジェクト*4

珍しいキノコ舞踊団パフォーマンス「PICNICKINOKO」(田園調布せせらぎ公園 )を観劇。 

  会場:田園調布せせらぎ公園
  構成・演出・振付:伊藤千枝
  出演:井出雅子、山田郷美、佐藤昌代、篠崎芽美、石川勇太、茶木真由美、中川麻央、伊藤千枝
  舞台監督:原口佳子 照明:森規幸 音響:木下真紀

 珍しいキノコ舞踊団の「PICNICKINOKO」は多摩川アートラインという美術イベントの参加しての田園調布せせらぎ公園での野外パフォーマンスである。





「都市のダンス」感じる2集団 珍しいキノコ舞踊団レニ・バッソ 愛知県芸術文化センターhttp://www.aac.pref.aichi.jp/aac/aac34/aac34-2-3.html
珍しいキノコ舞踊団×ジャスティン・カレオ「3mmくらいズレてる部屋」http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/20061122
珍しいキノコ舞踊団「また、家まで歩いてく。」(http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/20060325
珍しいキノコ舞踊団「Flower Picking」@愛知・長久手文化の家http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/20041003
珍しいキノコ舞踊団「Flower Picking」@CLASKA http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/20040314

2004年ダンスベストアクト2位珍しいキノコ舞踊団「Flower Picking」(CLASKAhttp://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/20050119
 

珍しいキノコ舞踊団「Flower Picking」はCLASKAというホテル、カフェ、ギャラリーの複合空間をうまく使って、ダンサーと一緒に観客も移動していく作品。フリル(ミニ)」以来取り組んでいる「場所を遊ぶダンス」の真骨頂を見せた。ダンス版の遊園地(テーマパーク)のような作品でとにかく理屈抜きに見ていて楽しい。この作品は実はびわ湖での初演を2003年のベストアクト(2位)に選んでいるのだが、場所に合わせて大きく変化する作品でもあり、それで今年の東京での公演も同じ2位に選んだ。

2005年ダンスベストアクト5位珍しいキノコ舞踊団「家まで歩いてく。」(さいたま芸術劇場)http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/20060118
2006年ダンスベストアクト珍しいキノコ舞踊団「また家まで歩いてく。」(スパイラルホール)http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/00000106