YOKO ONO(オノ・ヨーコ) LECTURE & PERFORMANCE "Passages for Light 〜光の道〜"&パフォーマンス 「Flower Road」 @京都精華大学*1

YOKO ONO(オノ・ヨーコ) LECTURE & PERFORMANCE "Passages for Light 〜光の道〜"&パフォーマンス 「Flower Road」
京都精華大学は「自由自治」を建学の理念として1968年に創立され、現在、芸術学部・デザイン学部マンガ学部人文学部を擁する「表現の総合大学」として、今年40周年を迎えました。この創立40周年を記念する事業として、オノ・ヨーコさんをお迎えし、レクチャーとパフォーマンスを行っていただくこととなりました。オノ・ヨーコさんは、つねに時代を切りひらく表現を展開されてきたアーティストであるとともに、一貫して、社会に平和をめぐるメッセージを発してこられました。このイベントは、世界的に活躍するアーティストであるオノ・ヨーコさんのレクチャーと表現を学ぶ学生たちとの対話、そして学生も参加してつくりあげられるパフォーマンスによって、表現の未来を見つめます。
2008年12月10日(水)
パフォーマンス 「Flower Road」
9:30スタート
会場 京都精華大学 天ヶ池周辺(アクセスはこちら)
レクチャー「Passages for Light〜光の道〜」
10:30〜12:00
会場
京都精華大学 黎明館 2F L-201(アクセスはこちら)
参加
事前に認められた本学学生のみしか参加できません。
レクチャー中継会場
レクチャー「Passages for Light〜光の道〜」がライブ中継

2008年12月10日(水)
時間
10:30〜12:00
会場
京都精華大学 黎明館 1F L-101(アクセスはこちら)

京都精華大学が創設40周年を記念して同学内で開催したオノ・ヨーコのパフォーマンス「Flower Road」を見た。パフォーマンスといってもキャンパスの池の周りを歩きながら学生にバラの花を1本ずつ手渡し、彼女が歩いた跡を学生たちがまたガーベラなどの色鮮やかな花びらで埋め尽くすというもので、かかった時間もほとんど1、2分程度といったところだ。舞台芸術や音楽のライブパフォーマンスとは違いあまりのあっけなさにやや唖然としてしまったが、美術パフォーマンスというのは実際の行為としてはこの程度のことかもしれない。