下北沢通信復刻プロジェクト3 宮城聰×安田雅弘×上海太郎鼎談

旧「下北沢通信」サイトに掲載されていた宮城聰×安田雅弘×上海太郎鼎談[演劇の身体表現とダンス]を復活掲載してみた。これは演劇情報誌「Jamici」向けの取材したインタビューのうちでももっとも興味深いと現在でも考えているものの完全版である。現在もSPAC芸術監督(宮城)、国立新潟大学人文学部講師など(安田)、宝塚芸術大学教授(上海)と実作だけでなくプロデュースや演劇教育にも従事するなど日本演劇界において第一線の知性と私が考えている3氏だが、まだ若手ないし中堅の演出家と考えられていた当時においてさえ、その演劇および身体に対する思考はきわめて刺激的なもので、彼らの考え方からは私自身も大きな影響を受けた。現在においても一読の価値はあると思う。特に若い演出家、振付家に読んでほしいと思う。
演劇の身体表現とダンス
http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/00000311
関係性の演劇とはなにか
http://d.hatena.ne.jp/simokitazawa/00000317