ポかリン記憶舎「humming3」@祖師ケ谷大蔵 Cafe Muriwui ムリウイ

ポかリン記憶舎「humming3」(祖師ケ谷大蔵 Cafe Muriwui ムリウイ)を観劇。

 作・演出:明神慈 音楽:木並和彦 写真:松本典子 AD:松本賭至
 演出助手:太田みち、石山裕子、前野俊雄
 企画・制作:ポかリン記憶舎、フラボン
 出演:
 中島美紀 :鞠子まりこ(カフェの主人)
 板倉チヒロ:辻 (常連客)  [クロムモリブデン]
 小杉美也子:樹里(若い女)
 政井卓実 :八木(樹里の恋人)
 比佐仁  :中井(そば屋の息子) [メロウリップス]
 日下部そう:柴田(ミュージシャン)
 太田みち(石山裕子):文庫本を読む女

 ポかリン記憶舎「humming3」はCafeを公演会場としたCafeの第3回目。第1回Cafe公演が池袋のMODel T*1で、第2回が祖師ケ谷大蔵のCafe Muriwui*2に場を移して行われたが、よほどこのMuriwuiに触発されるものがあったのか、今回も引き続きこの場所での公演となった。

 これまでもギャラリーや温室など劇場以外でのサイトスペシフィックな公演を活動のひとつの軸として位置づけてきたポかリン記憶舎だが、このCafe公演にはそれ以上の意味があるのではないかとこの公演を見て思った。それはCafeという場所の存在の意味がポかリン記憶舎が標榜してきた「地上3cmに浮かぶ楽園」と重なり合うように思われたからだ。