Ryoji Ikeda 0/1 [the infinite between 0 and 1] @東京都現代美術館

ダムタイプ池田亮司の展覧会。この種のものをこの規模でやるのがまず東京であって、関西ではないのが哀しい。展示はなかなかよかったが、数学的なコンセプトの部分がどこまで本当にプログラム的に作品に反映されているのか、それとも単にそれっぽいビジュアルイメージだけなのかが気になった。