Monochrome Circus×じゅんじゅん「D_E_S_K」@京都アトリエ劇研

じゅんじゅん×Monochrome Circus×graf×山中透
『緑のテーブル』
─机の上と下で起こる、世界の間違い方。─
演出・振付:じゅんじゅん
出演:Monochrome Circus(森裕子、合田有紀、野村香子)
ゲスト出演:森川弘和
舞台美術:graf
音楽:山中透

じゅんじゅん新作ソロ
『deskwork』
─そこにあったような、机のお話。─
演出・振付・出演:じゅんじゅん

モノクロームサーカス 掌編ダンス集より
7つの作品から成る『掌編ダンス集』より机を使った2作品のうちセレクトして上演。
『きざはし』
─150本のナイフ。ふたりの限界点。─
演出・振付:坂本公成
出演:野村香子、合田有紀
『水の家』
─机の上にふたりだけ。雨音がふたりの密度を上げていく。─
演出・振付:坂本公成森裕子
出演:森裕子、森川弘和

 Monochrome Circusの新作は水と油のじゅんじゅんとの共同制作作品。舞台美術である机はgrafが製作。音楽は元ダムタイプの山中透が参加した。Monochrome Circus「掌編ダンス集」から1本とともにじゅんじゅん(高橋淳)振付・演出による本人出演のソロ作品「deskwork」とMonochrome Circus4人に対する振付作品の3本立て。「掌編ダンス集」からはいずれも机をモチーフとした「きざはし」「水の家」のどちらかを1本というプログラム構成だが、この日は森裕子、森川弘和によるデュオ「水の家」が上演された。