「男と女のコンテンポラリー 〜現代ダンスヘの誘い II」@神戸学院大学 メモリアルホール

セレノグラフィカ (ダンス/隅地茉歩、阿比留修一) 「ファスナハト」
隅地茉歩構成・振付・演出

アローダンスコミュニケーション (ダンス/ヤザキタケシ、松本芽紅見) 「ONE WAY」
ヤザキタケシ構成・振付・演出

 「男と女のコンテンポラリー 〜現代ダンスヘの誘い II」の表題のように男性と女性のダンサーによるデュオ作品の2本立てである。ショーケース的な公演に出やすいなどの活動がしやすい形態であるというような利点があるからか、日本のコンテンポラリーダンスではソロとデュオというのが多いという現状があるが、それでもパートナリングの相性の問題などもあって継続的に活動している人たちは少ない。その中で珍しく10年を超えてコンスタントな活動を続けているのがともに関西(京都)を拠点とするセレノグラフィカ(隅地茉歩、阿比留修一) とアローダンスコミュニケーション*1のヤザキタケシ、松本芽紅見の2組である。
 セレノグラフィカの「ファスナハト」は(続く)

*1:アローダンスコミュニケーションはダンスカンパニーである佐藤健太郎らほかにもメンバーはいるのだが、ヤザキ・松本2人での活動は多く、実質的にはデュオと考えた方がいいのかもしれない