苅谷昌江個展「A room isgetting ruined」@京都AntenaASS


前々回の公演「Cage]ではgraf服部滋樹氏にデザインを依頼するなど、Monochrome circusの宣伝チラシはいつも手がこんでいて、次回はどんなものを製作するのだろうと楽しみでならないのだが、今回の公演「掌編ダンス集」のチラシはそんななかでも印象的な1枚=写真下。このチラシに使われている絵がなんとも奇妙な不気味さのなかにも独特の幻想感覚があり、不思議な魅力をたたえた絵なのだが、これを描いたのが新進の女性画家であり、ここ数年いろんなコンペで入賞を果たすなど注目されてきている苅谷昌江で、彼女の個展がちょうど今、京都の桂駅近くのギャラリー空間で行われているというので出掛けてきた。