デス電所「急襲キルフィールド」@ABCホール

デス電所 第19回公演 「急襲キルフィールド」

作・演出:竹内佑
音楽・生演奏:和田俊輔

出演:
山村涼子 丸山英彦 田嶋杏子 豊田真吾 福田靖
山崎 彬(悪い芝居) 四宮章吾(悪い芝居) 吉川莉早(悪い芝居)
村里春奈(尼崎ロマンポルノ)
お〜い!久馬ザ・プラン9) ※ダブルキャスト
竹内 佑 ※ダブルキャスト

スタッフ:
舞台監督:松下城支/舞台美術:池田ともゆき(TANC!池田意匠事務所)/振付:豊田真吾/照明:西山茂/照明操作:加藤直子/音響:三宅住絵/映像:本郷崇士/小道具:原田鉄平(Iron-Level)/宣伝美術:スタジオ伊勢、イトウユウヤ/制作:武内奈緒(劇団赤鬼)/協力(五十音順):尼崎ロマンポルノ、ヴィレッヂ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、悪い芝居/企画製作:芝居流通センター デス電所

その温泉街には、七つの露天風呂があった。
その七つの露天風呂は、地獄巡りと呼ばれていた。
その地獄巡りは、二つの旅館が取り合いをしていた。
その二つの旅館には、それぞれ秘密があった。
その秘密は、誰にも漏らしてはいけなかった。
やがて秘密は毒となり、ガスとなって吹き零れ出す。

デス電所が一年強!ぶりにお送りするのは、
とある地方都市の温泉街を舞台にした温泉卵・ウエスタンアクション!
超豪華ゲスト陣をお招きして、2010年新春!
大阪と東京を愛くるしく血祭りにあげちゃうZOE(ゾーイ)!

 この芝居の舞台のモデルは明らかに別府の鉄輪温泉の「地獄めぐり」*1である。おそらくこの「地獄」というネーミングの面白さがデス電所の竹内佑の琴線に触れて、温泉旅館を舞台にB級スプラッタホラーのような殺し合いが展開する物語を思いつかせたのだとは思うけれど、明らかにモデルが分かる場所を舞台にこんなのをやって大丈夫なのか(笑)。それはまずいとか抗議が来るのではとか、そういうことは全然考えてなさそうで、そこがデス電所らしいとこといえばそう言えるかもしれない。