東浩紀「クォンタム・ファミリーズ」@新潮社

クォンタム・ファミリーズ

クォンタム・ファミリーズ

 批評家である東浩紀が書いた小説だというので気になって読んだのだが、これは哲学的思弁小説とはそういうものではなくて、普通によくできたハードSF小説じゃないかと思った。知り合いはこの作品は評判がいいようなので文学賞の候補になるんじゃないかと言うのだけれども、これだけSFらしいSFだとそれは無理じゃないかと思うのだが、どうだろう。逆に言えばジャンルの賞、つまり日本SF大賞の候補にはなるかもしれない。というより当然有力な候補になってもおかしくない。SFとしては平行宇宙という主題自体はフィリップ・K・ディックなどを持ち出すまでもなく、以前からあるものでそれほど目新しいわけではないけれど、量子計算機科学、検索性同一性障害などという個々のアイデアのディティールは魅力的で啓発されるところが多かった。