市川真人「芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか」@幻冬舎新書

 「坊っちゃん」(=明治に対し敗北していく江戸的美学を描いた小説)など面白いところが随所にあるけれど、表題となっている「芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか」の理由は最後まで読んでもよく分からなかった。というか、作者の主張はなんとなく分かるがそれは納得のいくものではなかった。ただ、この人の書くものはなかなか面白くて、少し前に読んだ小谷野敦のまるでゴシップ誌のような文学論とは段違いに読みごたえがある。
『こころ』は本当に名作か―正直者の名作案内 (新潮新書)

『こころ』は本当に名作か―正直者の名作案内 (新潮新書)