「ヒロシマ・モナムール」@静岡県立舞台芸術公園「楕円堂」

出演 ヴァレリー・ラング, 太田宏, ピエール・ラマンデ
脚本 マルグリット・デュラス
演出 クリスティーヌ・ルタイユール

西洋と東洋、女と男……垣根を越えて響き合う<戦争の記憶
ヒロシマ・モナムール』は、「ヒロシマ」で出会ったフランス人女優と日本人建築家の物語です。フランス人女優は占領軍のドイツ兵と恋に落ちた過去を持っており、日本人建築家との関係を通じて、辛い記憶を蘇らせます。<戦争の記憶>を共有する西洋人と東洋人、女と男……。女優が帰国するまでに残された24時間、二人は街を彷徨います。越え難い垣根を越え、すれ違いながらも求め合う二人は、根源的な救済の感覚を求めているようです。人類史のターニングポイントとも言える「ヒロシマ」で、深く傷ついた二つの心は、果たして癒されうるのでしょうか。

アラン・レネ監督の不朽の名作『24時間の情事』が演劇作品として蘇る!
フランス人女性の視点を通して、さらに哲学的に、もっと官能的に

本作は1959年に公開されたアラン・レネ監督の名作映画『24時間の情事』のシナリオをもとに、2009年に演劇化した作品です。広島市を舞台にしたこの映画は、西洋から観た「ヒロシマ」の姿を克明に写し取り、大きな反響を呼びました。シナリオを担当したのは女流作家マルグリット・デュラス。また演劇化にあたって演出を担当したのは、女性演出家クリスティーヌ・ルタイユール。女優役を演じるのは、ルタイユールとともにマルキ・ド・サドなどの文学を舞台化してきた女優ヴァレリー・ラングです。フランス人の女流作家、女性演出家、そして女優が創り上げる『ヒロシマ・モナムール』。フランス人女性の視点から捉え返される演劇版は、官能的で哲学的な舞台に仕上がっています。

あらすじ
「彼女」は32歳のフランス人女優。平和についての映画の撮影のために来日する。映画は完成間近で、彼女はもうすぐフランスに帰ることになっている。フランスでは結婚しており、子どもも二人いる。「彼」は日本人の建築家。やはり結婚していて、40代。二人がどんな状況で出会ったのかは分からないが、お互いをとても強く、本当に心から求め合った。しかし、24時間後には別れを迎えることになる……。
http://www.spac.or.jp/11_fujinokuni/hiroshima