We dance横浜2012@神奈川芸術劇場(2日目)

『lonely woman』 コンセプト:黒沢美香

黒沢美香の伝説のダンスプロジェクト「偶然の果実」(1990-2002)の中で生まれ、第1回バニョレ振付コンクールで日本国内最優秀賞を受賞。日本代表として渡仏するも、即興性の強さゆえにフェスティバルから上演を拒否された演目。"立ったその場所を動いてはならない"というルールひとつで、3人のダンサーが交代で、横一列で30分間のダンスを行う。参加者は音楽家、美術家、詩人など多分野に及び、それぞれの方法でダンスをつくりあげる。 出演:のぎすみこ SEIDO ノムラヒハル/宇野敦子 谷川まり 黒沢美香/クリタチカコ 越川知尚 青木研治/遠藤寿彦 平松み紀 サエグサユキオ/萩原富士夫
さそうすなお 何が欲しいんだ?

14:00─16:00 中スタジオ
前売2,500円 当日2,800円

「スクール・オブ・ダンス」の記録 企画・報告:スクール・オブ・ダンス リサーチ班

本年6月から半年間にわたり、横浜市内の6つの小学校に6人の振付家(伊藤千枝、黒沢美香、黒田育世、東野祥子、矢内原美邦、Co.山田うん)が出向き、子どもたちとダンスの授業を実施する「スクール・オブ・ダンス」。ダンサーであり、教育現場でも活動しているレポーター達が、授業の様子を取材。途中経過の報告をもとに、映像記録を交えながら、アート教育の多様な手法やその可能性に迫るトークセッション。

企画・報告:スクール・オブ・ダンス リサーチ班ー川上暁子 松岡綾葉 梶本はるか

16:30─18:30 小スタジオ
前売500円 当日800円
協力:横浜市芸術文化教育プラットフォーム

『Dis/Respect for you』 〈一般公募参加プログラム〉 企画・ラップ:池浦さだ夢

J-POP、ヒップホップ、レゲエ、漫画、アニメ、ゲームなど様々なポップカルチャーの知識を確信犯的に悪用し、唯一無二のダンスパフォーマンスを繰り広げる「男肉duSoleil」の団長の池浦さだ夢。ダンス×ラップ、身体性×批評性のバトルを目論み、ダンサーを募集する。「YouTubeでもUstreamでもブログでもニコ動でも何でもいい。あんたらのダンスに俺がラップでアンサーだ。最終決戦はKAATで。」 出演:伊藤雅子、木皮成、エロエ(代表:馬場ローア)
ゲスト出演:きたまり、大人ディスコあけみ(たかぎまゆ)、エロエ