青年団リンク・ホエイ「麦とクシャミ」@こまばアゴラ劇場

作・演出:山田百次
プロデュース:河村竜也

出演:中村真生 伊藤毅 緑川史絵 河村竜也(以上青年団) 山田百次(劇団野の上) 宮部純子(五反田団) 朝比奈竜生

照明:黒太剛亮(黒猿) 照明操作:宮下真弥(黒猿) 宣伝美術:河村竜也 制作:赤刎千久子

●あらすじ
1943年の暮れ、洞爺湖のそばのサケやマスが孵化することからフカバと名付けられた村の、のどかな麦畑が突如隆起してきた。日々20センチずつ、地面はみるみる盛り上がってくる。やがて川は氾濫し、ある家では坂の下にあった隣家が目前にまでせり上がってきた。その村には鉱山から採れた鉄鉱石を室蘭の製鉄所に運ぶための鉄道が走っていた。資源を国内調達しなければならなくなった国にとってその鉄道は生命線であった。軍は鉄道の死守を命じ、軍人、村人、囚人など総出で盛り上がった鉄道の掘り下げ工事を行った。
地面はやがて噴火をはじめ、いくつもの火口を作ると、巨大な溶岩ドームを形成。出来上がった火山はのどかな田園と集落を消滅させた。戦時下の日本において、この不気味な火山の出現のことは国民が動揺し戦意が低下するという理由で世間には情報を伏せられていた。

 逞しい女優3人(中村真生、緑川史絵、宮部純子)の存在感が魅力的。緊迫した状況にもどこか呑気な男たち。戦争に天変地異というシリアスな主題をペーソス溢れるタッチで描き出す。1807年に北海道のオホーツク海沿岸で起きた、津軽藩士大量殉難事件を描いた「珈琲法要」に続き北海道を舞台に歴史上に埋もれた史実を掘り起こして舞台に仕立て上げた。