オイスターズ「ここはカナダじゃない」@三鷹市芸術文化センター

オイスターズ第19回公演 MITAKA”Next”Selection 17th 参加作品『ここはカナダじゃない』
作・演出/平塚直隆
出演 田内康介、川上珠来、芝原啓成、木暮拓矢(流山児★事務所)、ヤストミフルタ(ノックノックス/ユニークポイント)、平塚直隆

 カナダに初めての海外旅行に来たはずの男2人が空港から降りてみるとどことなくそれは出発した中部国際空港と似た景色。どうやら戻ってきてしまったようなのだが、男たち(特にそのひとり)はそれを認めずにあくまでも「ここはカナダだ」と言い張り続ける。戻ってきてしまったことにはっきりした理由はないから不条理劇だといえばそうではあるのだが、例えばカフカの「変身」がそうであるような根源的な人間の状況への寓意(ぐうい)のようなものがこの「ここはカナダじゃない」から感じられるかといえば、それは希薄。登場人物のかみ合わない会話はおかしいし、笑えるといえば笑えるのでナンセンスコメディーだともいえなくもないのだが、例えばケラリーノ・サンドロヴィッチが劇団健康時代にやっていたような作品をナンセンスコメディーと呼ぶのだとするとこの作品をそう呼ぶことはどうもしっくりとはこない。もはやこれはそんなめんどくさいことを考えて悩んだりせずにオイスターズ独自のスタイルのコメディーとして単純に楽しめばいいのかもしれない。